古寺を訪ねる会~南禅寺~

南禅寺に行ってきました。

 

 

あい:「もうそろそろみえてきましたよ!」

あじゅ:「着いた!南禅寺!大きいなあー。」

 

方丈庭園

方丈庭園は、清涼殿、庭園、借景の羊角嶺大日山等の山並と三者が調和している借景式庭園です。慶長年間小堀遠州の作庭になるものといわれています。

 

あやか:「この辺りも景色がいいところが多いですね~。」

 

小方丈庭園(如心庭)

小方丈庭園は別名如心堂と言われています。「心」字形に庭石を配した枯山水の石庭で、解脱した心の如く、落ち着いた雰囲気の禅庭園となっています。

 

あい:  「どの場所にも色んな意味が込められているんですねー。」

あやか: 「そうやなー。私はどちらかというと歴史っぽいものが苦手やから各場所の説明書き読んでも理解できないことがあるんやけど・・・でも見に行くのが楽しい落ち着く!」

 

 

あじゅ: 「この庭の石のデザインとかどうやって作られてるんやろ??」

あやか: 「どうなんやろなー。」

 

六道庭

如心庭が解脱した心の庭であるのに対し、六道庭は六道輪廻の戒めを表現しているそうです。

 

あやか: 「お寺って六道輪廻などを表現している場所が多いですねー。」

まな : 「どうなんやろうなー。」

あやか: 「六道輪廻などの概念は本当に存在するのか個人的に気になるんですよねー。」

まな : 「こればかりは難しいなー。」

 

 

部員日誌

 

【あやか】

 今回の活動は天気予報では雨だったので心配でした。しかし雨も降ることなく活動できたのでよかったです。

 まだまだわからないことが多く、勉強不足な自分ですがどの場所にも色んな歴史があり、意味が込められて作られていることが改めて実感できました!