古寺を訪ねる会〜六波羅蜜寺〜

今年度入部したえりりんの初活動日でした。

 

なつ  :  「運動会の練習してるね-。」

えりりん:  「私、運動会ソーラン節踊りましたよ!!」

あじゅ :  「私もソーラン節踊った!!」

※ちょうど運動会シーズンだったため、近くの小中学校で運動会の練習が行われていました。

 

あじゅ:  「私、昔から蔀(しとみ)がある家に住みたいんですよね。」

なつ :  「いや、純日本家屋でもなかなか無いよ。」

 

【豆知識】

蔀とは格子を組み、間に板を挟んだものです。古典によく出てきます。

 

 

えりりん:  「六波羅蜜寺と言えば、空也像ですね。」

なつ  :  「日本史の教科書に出てるやつね。」

あじゅ :  「今年のコ○ケに空也像のコスプレがあったの知ってますか?」

えりりん:  「あっ、私ネットで見ました。」

なつ  :  「…空也?えっ、仏像のコスプレがあったの!?」

 

なつ  :  「あじゅちゃん、何で閻魔王像の前で立ち止まってるの?」

あじゅ :  「なつ先輩、鬼灯の冷○って知ってますか?」

なつ  :  「知ってるけど…。」

あじゅ :  「この横のちっさい像は○灯なんかなーと、思いまして。」

なつ  :  「多分、違うと思う。」

 

 

なつ  :  「六波羅は平家縁でもあるんだね。」

えりりん:  「だから、清盛の座像があるんですね。」

なつ  :  「清盛は死に方が、死に方だからなー」

あじゅ :  「あれですよね!!俺の葬式はしなくていいから、墓の前に頼朝の首持って来い、的な。」

えりりん:  「合ってるけど、何か違うと思います。」

 

【豆知識】

平家物語の「入道死去」で、平清盛が遺言として「我いかにもなりなん後、仏事供用をもすべからず、堂塔をも建つべからず。急ぎ討つ手を下し、頼朝が首を刎ねて、我が墓の前に掛くべし。」という記述があります。

 

なつ :  「あっちに体の悪いところを撫でるっていう牛が居るよ。」

あじゅ :  「私肩こり酷いんで、肩撫でようと思ったんですけど、牛の肩って何処でしょう…。」

なつ  :  「肩ロースのところじゃない?」

えりりん:  「こういう時って、何処撫でたら良いか、悩みますよね。」

なつ  :  「私、悪いところだったら、頭撫でるようにしてるよ。」

えりりん:  「私も悪いところだったら、頭を撫でてます!」

 

【あじゅ】

空也像に盛り上がりながら、六波羅蜜寺に行きました。私は六波羅蜜寺に行くのは2回目でしたが、1回生のときに古寺を訪ねる会のメンバーと訪れ、教科書の仏像が目の前にある、と感動したことを覚えています。

 

【住所】

京都府京都市東山区五条通大和大路上ル東

 

【アクセス】

京都駅より206系統清水道下車、徒歩7分