2013年7月16日 グチコレポート その1

レポーター:ふしょう

≪本日のグチコレクション≫

――18時30分開始――

◆20代男性1名

「お客さんが来なくて暇」

→お祭りの影響もあるようです。

 

◆10代女性2名

「カラオケで歌える曲が少なすぎる」

「昔[声がおじさんみたい]と言われたことが今でもショック」

「生まれた時から産声が低かったらしい」

「合唱コンクールの録音に自分の声がめっちゃ入ってた」

「それをクラスで晒し者にされた」

「友人の好き嫌いや食わず嫌いが多すぎる」

「そばが嫌いなので出さないでといつも家族に言ってるのに、年越しそばが出てくる」

「チーズが嫌い」

「そうめんが苦手」

→「あれは結局つゆの味」と言われると確かに…思ってしまいます。

「お肉の焼ける匂いが好きじゃない」

→でもハンバーグは好きだそうです。

「最近友人がテキトーな事ばかり言う」

「お互いに何を言ってるか聞き返す事がある」

「昔ローラーシューズが欲しかったけど高くて買ってもらえなかった」

「スケートができない」

「スケートに行く機会が無い」

「卒業アルバムの写真写りたさに、撮影直前に部活に入部する人がいた」

「あげく現役で頑張ってきた部員を馬鹿にする人がいた」

◆20代男性2名

「暑い」

「友人が就職活動で面接を落とした」

→「もったいないなぁ」とこぼしていました。

◆30代男性1名

「職場で自分が一番年下」

「年上の人が仕事を教えても聞いてくれない」

「年上の人が自分が年上であることを主張する」

「皆が自分に愚痴る」

「給料を使ってストレス発散すると周りに注意される」

「給料くらい好きに使わせてくれ」

「ストレス発散くらい好きにさせてくれ」

――21時30分終了――

 

≪グチコレクター日誌≫

【ふしょう】

今日は来談者の方から嫌いな食べ物についてのグチをうかがいました。好き嫌いは誰しもあるものですが、自分が好きな食べ物だとつい「えーっ!どうしてあんなに美味しいものを!?」というような気持ちでお話を聞いてしまっている自分がいました。聞いてみるとその方にとってはちゃんとした理由がある訳で、そういった事を素直に聞くことの難しさを改めて感じました。

【まる】

初めてグチコレの活動に参加させていただきましたが、自分のところに一人も来て下さらないのではないか、と不安でした。幸いにも二組の方から愚痴を聴かせてもらったのですが、愚痴を言いやすいような雰囲気を作ってゆかねばと感じました。