グチコレポート(第109回)その3

≪本日のグチコレクション≫

 

――18時30分開始――

 

◆20代男性2名

「寒い」

→重ね着マスターだそうです。

「いつも二人でいるのに片方だけがモテる」

「1単位だけ足りなくて留年してしまった」

「バイトをクビになった」

「友達が少ない」

「すぐ「ゆとり世代は〜」と言われる」

→同じくゆとり世代と呼ばれる世代なので、すごく気持ちが分かります。

「今の彼女より前の彼女の方が好き」

「前の彼女に誕生日プレゼントを渡したのがばれてしまった」

 

◆20代男性1名

「皆心が狭い」

→いじられたりするとすぐに怒ってしまうそうです。

「みんな怒りの沸点が低い」

「尊敬する先輩を馬鹿にされた」

 

◆40代男性1名

「上手く自分の言葉を表現できない」

「熱心に考えることがバカらしいと思われる風潮が嫌だ」

「考えることがたくさんありすぎてめんどくさい」

「結果ばかりを見てしまう風潮が嫌だ」

→私も結果よりも過程の方が重要であると思います。

 

◆30代女性1名

「仕事場で隣のデスクの人が嫌な人」

「中国には京都のような街が無い」

→中国から京都へ、お仕事で来られているそうです。

「日本語の敬語が難しい」

 

――20時30分終了――

 

≪グチコレクター日誌≫

 

【ヒデ】

今日はとても寒い中のグチコレでしたが、本当にたくさんの方に来ていただき、寒さも吹き飛びました。そんな中で、お仕事で中国から京都へ来ている方のグチを聴かせていただきました。その方は、日本の文化や京都を凄く褒めて下さいました。そのように、京都を褒められると、自分の故郷を褒められている気がして、どこか嬉しい気持ちになりました。私自身山口県から京都に来て6年ほどになりますが、自分の中ではすでに京都は、第二の故郷になっていたことに気づかされたグチコレでした。