「妻は掃除がニガテなよう」 東京グチコレ_No.013

「妻は掃除がニガテなよう」

「東京オトナグチコレ」01

昨年ご結婚されたばかりの男性。「今の生活に満足しているので、これといって特に何もないんだけど、敢えていうなら妻の掃除が下手」とグチられました。奥様のご実家ではご両親がなんでも片付けてくれていたようで、自分で掃除をする習慣がなかったのだそうです。でも「言えばやってくれるし、自分も含めて誰にでも欠点はあるので、気になってもひとつは許そうと決めていました。それが、私の妻の場合は『掃除が下手なこと』」と話されました。(白)

 

人にはそれぞれ得意不得意があります。私の妻も掃除が下手です。私がやった方が丁寧で綺麗ですし、どちらがしてもよいことだと思うので、主に私が掃除をします。しかし掃除が下手な一方で、料理が上手です。日頃から新たなメニューを考える事を欠かしません。

お経の中に「私たち一人ひとりがそれぞれの色を持ち、それぞれの色で光り輝く。」という一説があります。相手の不得意な部分を見て不満に感じてしまうより、相手の得意な部分、つまりその人なりの色で光り輝く部分に目を向けてみたり、不得意な部分を認めてお互いに協力しあう関係を模索することで、相手への見方や振る舞いも変わってくるのではないでしょうか。(二)

 

2015.8/27更新