「震災後50年」 _東京グチコレ No.56

「震災後50年?」

東京グチコレno56

 

ある講演会で大失態をしてしまったというグチです。新潟県へ講師として呼ばれた。その日はちょうど、新潟の大震災から50年にあたる年だった。震災時2週間、家々は延焼し、倒壊。それから50年経過した今、どのメディアにも取り上げられず、忘れ去れてしまう。との話をした。講演終了後、参加者の方から「先生言いにくいのですが、実は今年は震災後51年目なんです。」と言われた。でも、覚えていてくれて有り難うございましたと言われホッとしたというお話を頂戴しました。 (西)

 

親鸞聖人は「外に賢善精進の相を現ずることを得ざれと、内に虚仮を懐けばなり」と言われております。つまり外面を偉そうに振る舞うな、内側には虚仮・真実ではないものしかないのだからとおっしゃっています。きっと来談者さまは、聴衆が間違いを指摘できるような振る舞いで、なおかつその指摘を素直に受け止めることのできる、素晴らしい方だったのだと思われます。(橋)

 

2016.1/27更新