「門前町日めくりメッセージ」スタート

寺院と地域の協働で“1000年続くまちづくり”を目指すコンテンツ「むらまち課」。その一貫として、本願寺周辺の門前町において、心豊かに生きることのできる町を目指した打ち合わせを重ねています。
門前町のエリアとしては、仏具店をはじめとする本願寺御用達の各店舗のみならず、京都タワーから京都水族館まで広範囲を視野に入れ、宗派や業種を超えた取り組みを目指しています。

日めくり記事_区長

このたびその皮切りとして、来年10/1より始まる西本願寺(浄土真宗本願寺派)の伝灯奉告法要(※1)へ向けた366日(※2)カウントダウンも兼ねて、「門前町日めくりメッセージ」を開始します。

 

※1宗祖親鸞聖人があきらかにされた「浄土真宗のみ教え」(法灯)が第25代の専如ご門主に伝えられたことを仏祖の御前に告げられるとともに、お念仏のみ教えが広く伝わることを願う法要のこと。

※2今年は閏年のため

 

日めくり記事_宗匠

「門前町日めくりメッセージ」は、門前町に暮らす方やそこに訪れた方に「門前町の魅力・本願寺の見所・次世代に残したいもの」などのお題に沿ったメッセージをいただき、スナップ写真を撮って、本願寺・門前町界隈や「他力本願.net」上に掲載していく企画です。取材スタッフも門前町に暮らす有志の人々によるもので、門前町の魅力を発掘するとともに、活性化へ向けた機運を高めていきます。

日めくり記事_亀屋陸奥

この度の法要カウントダウンを契機として、地域に暮らす方々との交流を深め、同時に門前町を訪れた方々との出会いも大切にしながら、心豊かに生きることのできる町の実現に向けて一歩ずつ歩みを進めていきます。