他者との関わり方がわからない。それでも人間は関係性に生きている

「なんのために働いているんだろう」

 

 

どれだけ多くの人がこの疑問を抱いたことだろうか。

 

自分のため、家族のため、生活のため、社会課題を解決するため、夢をかなえるため、他にやることがないから、仕事が好きだから、生きること=働くことだから……

 

どれひとつ間違ってはいないけど、時々本当にそれでいいんだろうか?と立ち止まりたくなる時もある。「自分の仕事って意味があるのかな…」そんな考えが心に浮かぶとき、きっと人は自分をひとりぼっちだと感じているんじゃないだろうか。

 

 

一方で、自分の働きが誰かの心を動かした、誰かの喜びになったと知るとき、そこには何物にも代え難い喜びが生まれる。

 

 

 

人は関係性のなかに生きる存在だ。

 

 

誰かとの関わり合いのなかで深く傷つくことも多い世の中だけど、同時に、沈みきったその心を軽やかにしてくれるのもまた誰かとの関わりだったりする。

 

 

社会には、いろんな事情で他者と関わりあって働くのが難しい状態の人たちがいます。

 

 

働くことに障害を持つ人を支援するLITALICOワークスの田中さんにお話を伺っています。

 

 

最終回の今回は、これからの「働く」はどう変わっていくべきなのか、またLITALICOという会社が目指す「世界を変え、社員を幸せに」という理念についてもさまざまに言葉を交わしました。

 

 


 

第1回 

 もし明日、自分や、自分の大切な人が働けなくなったら?どうする?

 第2回 

 知っておいて。誰かをサポートするとき、自分だけで解決しなくていい

 


 

 

 

障害者雇用には、社会全体の意識改革が必要

 

 

ーーちょっと現状のお話をさせてください。

 

障害者と呼ばれる方々の雇用というのは法律で決まっているから行われているんですか?言い方は悪いですが圧力によって…という理由にどうしてもなってしまうのかなって。

 

 

田中:法定雇用率といって、障害者を雇用しないといけないパーセンテージが法律で定められているんです。平成30年から2.2%になりますが、今は2%です。(取材は平成29年)なので社員が50人いたとしたら1人は雇わないといけないことになります。

 

 

 

ーールールで縛るというのは難しいですね。

 

 

田中:企業で雇用率を達成している企業は、昨年度(平成28年度)発表分で50%です。法的に義務はあっても、雇用の仕方がわからないという企業様から相談を受けることもよくあるんですよ。

 

 

働く場所をどのように作り出していくかが大きな課題ですよね。

 

 

 

ーー生産性やオールラウンドな能力を評価の基準にしてしまうと、どうしても障害者の就職は単純作業や事務作業になってしまいがちですよね。そこに個性あるステップアップはない。しかも、そういった領域は今後AIの発達によってどんどん人間がやる必要がなくなってくると。

 

これまでの生産性に軸足を置いた仕事の優劣を、どこかで本質的に議論していかないと、どんどん圧力を強めてルールで縛るってことしかできなくなると思うんです。

 

 

みんなが同じレールの上で働いて、そのレールのなかで優劣が決まるようでは状況は変わらない。その人だからできる仕事ってことも考えていかないといけないし、そもそも個性ってことをどう理解していくのかとか。無茶なことを言ってますよね…

 

 

田中:いや、でも本当に大事なことだと思いますよ。

 

これからは支援のあり方もきっと変わっていくし、そのなかで個性をどう仕事や強みに変えていくかっていうのは大きな課題です。

 

 

 

LITALICOが掲げている目標の中に「ちがいを活かす会社ナンバー1」というのがあります。全く同じ人間はいません。障害の有無に関わらず誰だって違いがあって、考え方や得意分野もそれぞれ違うし、身体的にだって違いはあるわけじゃないですか。

 

 

じゃあ障害の有無による違いって何なんだろうって思うんです。あれ?みんなとあんまり変わらへんやん!ってことも結構あるんじゃないでしょうか。

 

 

 

そうすると障害っていうのは、社会全体の考え方の方にあるものなんじゃないかと。障害のある人がいるのではなく、この社会を生きるうえで障害を感じざるをえない人がいる。

 

 

この、根っこのところを変えていかないと、どれだけ制度を整備しようとも

いつまで経っても同じだと思います。

 

 

りたりこ3-1

 

 

ーーハード面ではなく、ソフト面での意識の変容が必要。

 

 

田中:そうですね。

僕らは支援の概念として「ストレングスとエンパワメント」ということを掲げています。

 

 

ストレングスは、強み。本人の強みのことですね。

 

 

エンパワメントは、本人のその強みを最大限に活かせるような関わり方や環境設定をしていく支援をするという考え方です。

 

 

だから、LITALICOワークスに来られた方の特性をよく見て、その方の強みを活かすためにはどんな訓練やプログラムが必要で、どういう職域開拓をして、どういう環境を整えれば良いか考えていくスタンスは支援者として持っていないと。

 

 

 

僕らが今あるものに当てはめていく、という考え方だといつまで経っても変わらない。ご本人の強みが最大限に引き出せるような働き方を僕らが作り出していかないとって思います。

 

 

 

ーー「働き方」というのは最近注目されているところでもありますが、まだなかなか現実的な変化というのは難しいようにも感じています。LITALICOでは現場での支援活動はもちろんですが、もう少し上位概念からの関わりもおありですか?

 

 

田中:LITALICOとしては、政策提言も行なっていますし、LITALICO研究所という組織もあるんです。

 

 

感覚的に語られがちな支援のあり方やノウハウを言語化して、ロジックを組み立ててみんなが実践していけるように研究をしています。

 

 

 

ーー属人的な支援のやり方だけでは、支援者の方が疲弊しちゃうというか続かないですもんね。その場しのぎではない、未来への視座が感じられます。

 

 

 

 

LITALICOという会社が目指す世界とは

 

 

 

ーーLITALICOの理念「世界を変え、社員を幸せに」にも、未来への視座、支援者側の充足といった意思が現われているように思うのですが、LITALICOという会社はどういう社風なんでしょう?

 

 

りたりこ3-2

LITALICO のHPより引用

 

 

 

田中:2005年設立で、現在社員が2000名ほどおりますが、ビジョンを非常に大切にする社風なんです。売り上げももちろん大事だけれども、それより現場などでいかにビジョンに沿った実践が行われたかという方が重要視されます。

 

 

社長は新卒2年目でLITALICOの社長に就任した人なのですが、彼自身もADHD傾向があるんです。自分が目指す世界はこれだと思ったらぐんぐんそこへ向かっていこうとする方で、逆に周囲がちょっと待てと社長を抑えるくらい。(笑)

 

 

 

ーー新卒2年目で社長就任ですか!?すごい…。ビジョンの実践の方が重要視されるというのはたとえば?

 

 

田中:現場でこういう事例があったという報告があると、それは素晴らしいということで本社に呼ばれて表彰されたりとか、社内でコンセプトカップが開催されていて、LITALICOのビジョンや理念に即した実践事例を全国コンペにかけるとか…ですかね。

 

 

 

ーーそれはモチベーションも上がりそう…。LITALICOさんの理念である「世界を変え、社員を幸せに」、田中さんご自身はどのように捉えておられますか?

 

 

田中:そうですね…、関わる全ての人たちが最大限力を発揮できるような社会を築いていくということですかね。「社員を幸せに」という部分は、働く人が幸せになることによって、そこに関わる他の人々にも幸せが伝播していくようなイメージでしょうか。

 

 

 

ーーそれはLITALICOさんの社名の由来である「利他(りた)」「利己(りこ)」という言葉にも重なりますね。HPではこのような思いが掲げられています。

 

 

りたりこ3-3

LITALICO のHPより引用

 

 

 

ーー自利利他という仏教の言葉は、自らの悟りを得ていくこと(自利)と他の人の救いのために尽くすこと(利他)を表していて、仏教徒の理想的な生き方として語られたりもします。

 

 

田中:先日事前打ち合わせでお会いしたときにそのお話を伺ってから、僕も改めてうちの会社の精神について考えてみたんですが、本当にこの自らの幸せと他者の幸せを実現していくっていうのは切り離せないことだなと思いました。

 

 

私たち社員が充足感を持って仕事をしていくことと、関わる方々の充足感って密接に関連している。

 

 

 

ーー難しいのは利己って言ったときに「己」をどこまでの範囲で見ていくかってことじゃないでしょうか?

「他」っていうのはわかりやすいですけど、「己」の認識って人それぞれですよね。

 

 

田中:なるほど。

うちの入社研修では会社のビジョンなどを読み解いていくんですけど、これって明確な着地点はないんですよね。「己」を「自分」と捉える人もいれば「家族」という単位で認識する人もいるし、僕なんかは同じ職場で働くスタッフも含めて「己」と見ます。

 

 

 

ーーなるほど。仏教でも、問い続けることの大切さは語られます。

自分の中に答えがあるんじゃなくて、ずっと問うていく営みに大切さがある気がしています。

 

 

田中:明確にこれだ!っていうものがあるとそれっきりになっちゃうけど、答えがないとなると問い続ける悩み続けるという営みが生まれますね。

 

 

 

ーーそういった「生きることを考える」会社という感じがします、LITALICOさんは。

 

人間は社会的存在である以上、社会のことも考えていかないといけない。自分の生き方だけじゃなくてね。そこを切り離さずに考えることには大きな価値がある。

 

 

りたりこ3-4

 

 

 

ーー関わり合いのなかで、どうあるかっていうことですよね。関わりを無視して自分がどう成立しているかを考えてもあまり意味がないというか…。

 

 

最近は「個性」とか「あなたらしさ」なんて言葉をよく聞きますが、場合によってはそれも社会との関わりを断ち切っている方向に見えることもあります。

 

 

田中:そうですね、「個性」とか「あなたらしさ」みたいなものって様々な人との関わりのなかで浮かびあがってくるものですもんね、本来は。

 

 

他の誰かがいるから、自分との違いがわかって、それが個性なわけじゃないですか。他者との関わりのなかで初めて「あなたらしさ」が際立ってくる。

 

 

 

ーー「個性」や「あなたらしさ」が見出されていくことは尊いことですが、そこで痛みと快楽のバランスが崩れて、快楽の方に寄りすぎてしまうと、いびつなことになってしまう気もします。

 

 

社会の求める自分と、こうありたいという自分の間で、ただただ自分が心地よいだけのものに寄っていくと痛みを知らないまま、よくわからないうちに孤立の道を歩んでしまうような…

 

 

 

田中:バランスは本当に重要だと思います。

 

人って痛みを避けて快楽をとりがちになるじゃないですか?それはもうそういう性質というか。でも、本当に痛みの経験が少ないと、ちょっとしたことで挫折や孤立に繋がってしまう。

 

 

支援を考えるうえでも、心に置いておきたいことかもしれません。僕の個人的な意見になっちゃってて、LITALICOから離れちゃいましたけど。

 

 

りたりこ3-5

 

 

ーーいえ!LITALICOでの支援活動を通して田中さんが得られた感覚ですから。

 

 

でも、そう考えるとLITALICOという社名が先にリタ(利他)で後がリコ(利己)という順になっているところも深読みできそうですね。利他…社会が求めることや、他者を支えるといった自分の外にあるものに自分を反応させていく、そしてそれが利己…自らの喜びとなっていく。理想かもしれませんが。

 

 

 

田中:確かに、必要とされているところに対して自分の強みが生きた瞬間っていうのは最高なんじゃないかなと思います。自分のためだけに、自分のやりたいことだけをやっていると、いずれ目的を見失ってしまう気もしますし。

 

 

 

ーー仏教には菩薩行といって、利他を極めていくところに悟りを見ていくという行があるんですね。そこには本当の意味での快楽があるといいます。真理に触れた快楽というか。

 

 

もちろん我々人間は限りある存在ですが、LITALICOさんの活動の先にはそういった景色が開けてきそうな気持ちがしてしまいます。他者のために自分の強みや思いが活かされているところに快を覚えるというか。

 

 

 

田中:利他の精神と利己の精神がつながりますね。本当の快楽か…

 

 

 

ーー人間って人の間って書くじゃないですか。人の間に自らを見ていくわけです。つまり関係性のなかに自分というものが立ち現れてくる。

 

独立して存在しているのではなく、関係性に生きる生き物なんですよね。だから、関係性が良くなれば自分も良くなるというのは当然のことなのかもしれませんね。

 

 

 

田中:うんうん、そうですね。自分だけの喜びではなさそうですもんね、本当の快楽とか喜びって。

 

答えの出ない問い、もっといろいろ考えてみたくなってきました!

 

 

 

ーー関係性の良さといっても、じゃあ何が良い関係性と言えるのかとか…簡単に答えの出ることではないですしね。いろいろな分野の人で集まって頭を悩ませてみたい大切な問いを今日はたくさんいただきました。

 

 

田中さん、今日はありがとうございました!

 

 

 

第1回

もし明日、自分や、自分の大切な人が働けなくなったら?どうする?

 

第2回

知っておいて。誰かをサポートするとき、自分だけで解決しなくていい

 

 

 

 

◼️LITALICOワークスについてもっと知りたい方へ

 

【 問い合わせ先 】

 

りたりこ1-2

 

✔️相談(無料)の電話予約・Web予約窓口

✔️実際にLITALICOワークスを利用して就職された方のインタビュー

✔️就職を受け入れた企業側のインタビュー

✔️症例・職種・勤務地などに応じた過去の就職事例データベース

✔️お近くのLITALICOワークスを探すためのページ