スーパーマーケットに隠れていたアイディア。認知症と共に|平井さんインタビュー①

sam1
image3
巷のニュースを見てみると「〜してはいけない!」「〜したらおわりだ!」。
仕事では「効率的に物事を進めなさい!」「失敗はしないように!」
そんな「許されない」雰囲気が社会全体を包んでいるように思いませんか?
 
そんな社会に「まぁいいか」と思える時間、感覚を思い起こさせてくれるのが、認知症の方とともに活動する、「まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)」。このイベントでの特別な時間を通して、社会全体に「まぁいいか」っと思えるあたたかな時間が少しずつ増えたら⋯⋯と。
 
一人の母として、介護者として、どのようなきっかけで活動に至ったのでしょうか?
京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)を企画されている、平井万紀子さんのインタビューを3回にわたってお届けします!
 

<京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)平井万紀子さんインタビュー>
①スーパーマーケットに隠れていたアイディア。認知症と共に(当記事)
②『まぁいいか』と思える社会を目指して
③企画するってどういうこと?色んな人からのアドバイスで成り立つ
 
イベントレポ⇨「京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)。認知症の方とほっとする時間」
 
image6
インタビュアー(以下、「イ」):「まぁいいかcafe」はどんな活動ですか?
 
平井さん(以下、「平井」):認知症の人がはたらくよころびを、感じていただくことによって、社会とつながる・人と繋がるっていうようなそういう場になればいいなぁと思っての活動です。
具体的に言いますと、京都を中心にカフェやホテルを会場として、認知症の方が接客するカフェをしています。
 
お母様との同居から見えてきたことがきっかけ          
 
イ:認知症の方との企画、ネーミングもいいですよね!平井さんご自身が認知症の方と企画をされるきっかけは何ですか?
 
平井:実は、私の母が9年ほど前に認知症になり、母だけでの1人暮らしは厳しいかなぁっていう状況になったので、6年前から母と暮らすことになりました。
 
実は、当時私が母の住んでいた地域に住みたかったんです。
というのも、母はその地域に50年間くらい住んでいました。引っ越すとなると、母は住み慣れた土地を離れることになります。
それは、母のコミュニティを全部取ってしまうことになるなぁと思っていたんです。
 
前の地域だと近所の人が歩いているので、「元気ー?」とか、いろんな話ができます。50年くらい通ったお店は、たとえ認知症であっても、十分いけるんですね。
 
ただ、私には当時、小学生と中学生の子どもがいました。自分と子どもだけ引っ越そうかとも考えたんですけど、子どものことを考えると転校は厳しいなぁと。
 
もし転校が嫌だったら、毎朝、送り迎えを車で行けるかな?とかね。いろいろ考えました。その結果、やっぱりそれは厳しいなぁと思って母に来てもらうことになりました。
 
イ:娘としての平井さんと母親としての平井さんですね。確かに、それはとても大事な視点ですね。
 
image5
平井:母と生活し始めると、母が生活する中でいろいろと役立ってくれようとしてくれました。
けど、今まで同居してないので、やり方が違うんですよね。娘であっても、すんごい細かいんですけど、洗濯の干し方、食器の洗い方とか。ちょっとしたことは違ってきます。
 
そういうのをテレビで見ている時は「そんなん許したげたらいいやん!」って、「なんで、こんな細かいことをチェックして、ぐちぐち言ってはんのやろ」って思ってました!(笑)
 
けど、自分の親なんで、言っちゃうんですよ。「やめて~」とか「もうやらんといてー」とか。そうなると、どんどん母のやることがなくなるんです。
 
イ:なるほど。在宅で介護をされる方に、日々を家で要介護者と暮らすからこそわかってくることですね。
 
同じ部屋、同じ空間で母と過ごす。「働きたい」気持ちに気づく
 
平井:色んなことをお母さんにしてあげて、本人が本当はできることまで奪ってしまう可能性があるような気がしてきました。もちろん、「できる」のスピードは違ってくるとは思いますが。
 
そうなると、お母さんがすることがどんどんなくなっていくんですね。
 
けど、そんな母がいつも口癖のように言っていたのが、「働きたいわぁ~」だったんです。
 
テレビやニュースでの、認知症の方の話って腰が曲がって、白髪で行方不明になるとかそういうことを見ていたので、認知症の方に対してはそのイメージが当時は強かったです。けどそれは、思い違いといいますか……。
 
実際、母が認知症と診断され、うちに来てからは認知症に対する見方も変わりました。認知症といっても、母は元気で、働きたいってずっと言っている。お母さんにも何か、できることがきっとあるはずだって思ってきました。
 
イ:平井さんご自身がお母様と一緒に過ごされたことが大きなきっかけだったんですね。
 
image2(まぁいいかcafeの様子)
 
平井:けど、なかなか実行にはうつせませんでした。アイディアもなかったし……。けど、何かできるって確証は日常の中に隠れていた気がしてました!
 
母と家の近くのスーパーに行くんです。そこでは、野菜売り場に若い男の子がほうれん草を並べたり、みかんの大きさを見て並べたりしていました。
 
それを見て、もしかしたらこの仕事ならお母さんできるかぁって思ってたんですね。なぜかというと、母は50年くらい主婦をしてきたので、みかんの大きさとか艶とかは、わかるので。
 
それに、この野菜売り場で20代の男の子がしてる仕事を、お母さんができたら、彼はここの売り場じゃなくて、他に営業に行って、もっと野菜を売れるようになれる。もっと違う仕事ができるんじゃないか?そしたらもっと日本が潤っていくんじゃないかと思ったんですよ。(笑)
 
イ:壮大ですね!
 
おばあさんがくれた、娘さんの自然な笑顔。「注文をまちがえる料理店」との出会い
 
平井:そんな時、インターネットのクラウドファンディングのサイトで「注文をまちがえる料理店」というのを見つけました。
会に参加したいというのもあったんですが、自分がこれをやりたい!と思ったんですね。私のイメージだと、福祉のイベントは呼び込んでも、呼び込んでも人があつまらないっていうイメージがありました。
 
けど、「注文をまちがえる料理店」の企画は、1か月以上前でもすでに満席と聞き、とてもとてもすごいなぁ!って感動しました。
 
そこで、2017年9月に東京での会に中学1年生の娘と参加させてもらいました。
その時、アクシデントが⋯⋯。
 
道に迷って、親子ゲンカしてしまったんです。お店について席に案内された時は2人ともムスッとした顔で⋯⋯。
 
そうして2人で沈黙したまま席に座っていると、認知症のおばあさんが注文を取りに来てくれました。娘はその方に、一生懸命に私のコーヒーと自分の分のオレンジジュースを伝えていました。そんなやりとりをしていると、ムスッとしていたのに、いつの間にか娘が笑顔になってきたんです。
 
その娘の笑顔を見たときに、すごいなって。大人だと愛想笑いができたり、機嫌が悪くても、人に会う時はちゃんとできたりするんですけど、子どもってホンマに嫌な時は嫌やし、誰かにへつらうとか、そういうのがないと思うんですよ。
 
image4(まぁいいかcafeの様子)
 
あの場で、私が親として娘を盛り上げようとしたわけでもなく、あの空間とコミュニケーションにそんな力があるんだって。ほんと!にすごいと思ったんです。
 
自分でもやってみたい!けど、何をしていいかわからなかった。「一人ではできない!」ことを伝えることから始まる。
 
平井:注文をまちがえる料理店に行かせてもらい、あの空間がすっごいあたたかかったなぁと思って、自分でもやりたいと思っていました。けどそこから4、5か月経ってしまってましたね。
 
イ:確かに、一人でイベント始める!ってどうしていいかわかりませんよね。一市民として興味を持っても、次のアクションへはなかなか移せないのが本音だと思います。おそらく、各地域の僧侶たちも……。
 
平井:やりたい!って気持ちはずっとありました。
そして2018年の2月にちっちゃくてもやっていこうと。でも、おっしゃる通り、誰にいうたらいんやろかなぁとか、どうしたらいいのかなとか。全くわかりませんでした。
 
今までに知り合ってきた友達は認知症に関心のある人もいなし、誰に何を、どう言ったらいいのかなぁって。
 
紹介してもらった地域包括支援センターの方から、2018年の3月17日に注文をまちがえる料理店発起人の小国 士朗 (おぐに しろう)さんの「『注文をまちがえる料理店』のつくりかた」という講演会があることを知りました。
講演会の最後に質問タイムがあったんですが、勇気を振り絞って手をあげました。
 
「私は、忘れん坊になったお母さんとこの会(注文をまちがえる料理店)を京都でやりたいと思っています。ただ、私は福祉の仕事もしたことがない。ボランティアもしたことがない。地域活動もしたことがない。何もしたことがない。ただお母さんが忘れんぼうになった娘、そんな私に知恵と力を貸していただけませんか?」
 
その時は、声かけてくれはらへんかっても、まぁいいかって思って話し終えて、座ったんです。そのあとに、20数名の方が「何かあったら手伝うよー」って言ってくれはりました。
 
人生で初めて、そんなふうに声をかけてもらった。それでちゃんとやらないといけないなぁっと思い、ちっちゃくてもいいからやってみようと思い、友人のお店を1日借りて実施しました。
 
イ:1日店長さんみたいな形としてですね。
 
平井:実は、まぁいいかcafeをするまでは、1日店長っていう仕組みが最近、あるってことは知りませんでした。
お店によっては、お金を払ったら1日貸してくれて、私が店長できる仕組みがあるんですね。
 
その時、大きな蘭の花を送ってくださった方もいました。
それは、私にとってはすごい、すごいなって!感動してしまいました。
実は、人をちょっと信じられなくなった時期も数年前にあったので、こんなほとんどというか全く私のことを知らない方が、わざわざお花を送ってくださるなんて、感動して、とても嬉しかったです。
 
「人って人から傷つけられるけど、人から救われるんだなぁ」っていうことをこの活動を通して強く思いましたね。もちろん、花だけじゃなくて、励ましの言葉だったり、ちょっとしたアイディアだったり⋯⋯。だからこそ、これはちゃんとしっかりやっていかなって。そこから自分のスイッチが入った感じはありました。よし!やるぞー!みたいな。
 
イ:なるほど。活動の結果でなく、作り上げる過程での気づきも沢山あるんですね〜。企画の「注文をまちがえるリストランテ まぁいいかcafe」っていいネーミングですよね。
 
平井:「注文をまちがえる料理店※」は、小国 士朗さんが発起人です。彼がNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組に関わっていた時に、 和田行男さん(現、代表理事)のされている高齢者の施設に行かれたんですよ。その時にハンバーグを頼んだのに、餃子が来てしまって、そこから彼がその帰り道に宮沢賢治の『注文の多い料理店』がふってきたんですって。「注文をまちがえる料理店」って面白いかもしれないって、そこで、一番に声をかけたのが和田さんだったらしいです。
※一般社団法人「注文をまちがえる料理店」
http://www.mistakenorders.com/
 
イ:全国各地に広がりを見せていますが、何回も続けておられるのは珍しいんですか?
 
平井:そうかも⋯⋯。
 
<<過去の開催概要
>>
2018年3月 カモガワラボ(京都市左京区)
2018年5月 ちいろば(京都市伏見区)
2018年5月 ちいろば(京都市伏見区)
2018年6月 キッチンNagomi(京都市下京区)
      ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)
2018年12月 マールカフェ(京都市下京区)
2019年4月 ハピフルカフェ(京都市伏見区)
2019年5月 マールカフェKYOTO(京都市下京区)
2019年7月 GOCHIOカフェ(京都府宇治市)
2019年8月 Nicoカフェ(京都府宇治市)
2019年9月 大丸京都店(京都市下京区)
2019年10月 クラムボン(奈良市)
2019年11月 イオリカフェ(京都府京田辺市)
 
延べ、1200名以上の方がまぁいいかcafeに訪れています。その他にも、シンポジウムなどのワークショップを実施されています。
 
イ:カフェにはどうやってお願いされるんですか?
 
平井:紹介してもらうこともありますがまちまちです。一昨年の6月に開催した下京区のキッチンNagomiさんは、インターネットで探しました。Nagomiさんが、されてる活動も素晴らしいし、ここだ!と思って連絡をさせていただきました。
 
イ:なんと!キッチンNagomiといえば、大塚さんですよね!以前に取材させていただきました!ママさんへの活動や、被災地の活動とか。「僧職図鑑12―大塚茜(おおつかあかね)―《前編》」
 
ーー
 
最後は、まさかのつながりもあるインタビューとなりました!
お母さまと生活される中で、何かできることがあるはず!とあたためてこられた想いを消さずに、ずっと抱いておられた平井さん。
 
次回は、「『まぁいいか』と思える社会を目指して」と題し、企画への思いやコンセプトをお聞きします。
 

<京都・まぁいいかcafe(注文をまちがえるリストランテ)平井万紀子さんインタビュー>
①スーパーマーケットに隠れていたアイディア。認知症と共に(当記事)
②『まぁいいか』と思える社会を目指して
③企画するってどういうこと?色んな人からのアドバイスで成り立つ

 
image1
 

掲載日: 2020.01.14