野宿者という生き方 第4回 「死ぬ勇気がなかった」

四方八方、十方丸く

 

「平和構築」、「貧困問題」と「環境問題」の解決、「災害支援・復興」の目的完遂、これらに向けて各種事業活動を展開しているNPO法人JIPPOは、「すべての存在と営みは互いに関係しあい支えあっている」という仏教の縁起の教えにのっとり、親鸞聖人の「世のなか安穏なれ」という願いのもと、浄土真宗本願寺派の社会事業活動の一環として、2008年に設立されました。

ここではJIPPOの活動の一つである、野宿者支援をテーマに、京都市における野宿者の現状とJIPPOの支援内容をレポートします。また、JIPPOが支援する野宿者に生い立ちや、野宿をするようになった経緯、さらには幸せや豊かさについて、思うところを聞きました。

 

 

野宿者という生き方

【第4回】

「死ぬ勇気がなかった」

野宿者4写真

インタビュアー(以下、イ):紆余曲折の人生の中で、しんどいこと、苦しい時期はなかったんですか?

 

野宿者、タカハシさん(仮名。以下、タ):もちろん、あるよ。死にたい、自殺を考えたときもあった。だけどな、死ぬ勇気がなかったわ。

 

イ:自殺する恐怖心みたいなものがあったんですか?

 

タ:そうやな。自殺するのは、怖かった。

 

イ:そうですよね。それを超えたつらさ、苦しさもあったんじゃないですか?

 

タ:しんどかったわ。

 

イ:自らいのちを断つって、ものすごく勇気のいることですね。

 

タ:そうや。自殺する人は勇気じゃなくて、本気やからな。せやから、死ねるんや。

 

イ:本気か…。タカハシさん、解体業の仕事で羽振りが良かったわけじゃないですか。それから、死にたいって思うまで何があったんですか?

 

タ:とことん落ちたからな。

 

イ:どういうことですか?

 

タ:ワシ、解体業辞めてから、水商売に行ったやんか。

 

イ:祇園の方で働いてたっておっしゃってましたね。

 

タ:水商売で夕方4時から、朝方の6時まで仕事。仕事終わって、一日中やってる飲み屋があって、そこに飯食いに行って。その頃、ほんまアホやから、一杯飲んで、そのままびわ湖の競艇に行くわけや。

 

イ:寝ずにですか?

 

タ:もちろんや。身体はボロボロやな。そのかわり、儲けたで。(笑)そんなこと毎日毎日繰り返してた。3週間はほとんど寝ずにやってたな。

 

イ:えっ、寝ずに3週間…よく倒れませんでしたね。

 

タ:若かったからな。しまいには社長に見つかってしまった。「ええ加減にしろや。遊びにばっかり行きやがって。前から分かってたけど、ちょっと調子のり過ぎや。そんだけ好きやったら、びわ湖にはまってこい」って怒鳴られて、クビになった。

 

イ:タカハシさんのエネルギーもすごいですけど、社長の言うように、確かに、やり過ぎな気はします…。

 

タ:おっ、おまえ、社長の味方か!(笑)まぁ、自業自得やわな。その頃には、もう歯が全部抜けてしまってたしな。

 

イ:何歳の頃ですか?

 

タ:35歳ぐらいかな。

 

イ:早いですね。(笑)

 

タ:そりゃ、あんだけ不摂生なことしてたらな。人間のすることじゃないわ。自分でも分かってたんやけどな。

 

イ:分かっちゃいるけど、やめられないってやつですね。「死にたい」思いを抱えたとき、一番しんどかったことって、何ですか?

 

タ:自分の考え方の甘さやね。自分の考え方が、こんだけのもんかと。今までやってきたことって、一体何やったんやと。それに尽きるな。

 

イ:自分のやってきたことを一旦立ち止まって、振りかえったわけですね。

 

タ:そうやな。だけど、自殺する、自ら死を選ぶっていうのは、考えてたらできひんわ。思考力をゼロにしないと、死ねへんわ。そうじゃなかったら、自殺はできひん。思考力があるうちは、自殺はせえへん。せえへんっていうか、でけへん。

 

イ:どういうことですか?

 

タ:思考したら、どうにかして、生きる意味を見つけようとするわ。恐怖心も並大抵じゃない。だから、自殺するときは無にならなできへん。

 

イ:そっか、もうちょっと生きたら良いことあるんじゃないかと思ったら、自殺する覚悟が決まっていても、ちょっと揺らいでしまいそうです。

 

タ:そうや、そうや。死ぬための迷いになる。

 

イ:タカハシさんが、自殺することを思い止まった理由はあったんですか?

 

タ:怖かった。死にたい思いより、死に対する怖さが勝ったんやな。死んだら、終わりやからな。

 

イ:というと、死にたい思いがなくなったわけではなかったんですね。

 

タ:そうやな。しんどい状況は何一つ変わってへんしな。

 

イ:状況が変わったわけじゃなくて、思いが変わったんですね。

 

タ:ワシは、死ねば、その時点で無になるんだと思ってる。やっぱり生きていてこそ、人間。だから、別に無理して死なんでも、自然にいのち終わるときがくる。どんな人間でも、人間は生まれたときに、死は決まってるんやからな。そのときが来れば、死んでしまう。だから、いのち続くまでは、生きようと決心したんや。

 

イ:ギリギリの決断だったんですね。

 

タ:自殺を断念したとき、自分でもビックリするくらい泣きじゃくった。

 

イ:どういう涙だったんですか?

 

タ:未だに分からん。まぁ、「死なんで良かった」という安堵感があったのかもしれん。あのときは、ほんまに泣いたわ。恥ずかしいほど、泣いた。今思うのは、どんなしんどいことがあっても、絶対死んだらあかん。死んだら終わりやからな。それにしても、世の中は不公平や。

 

イ:何がですか?

 

タ:死にたい人は死ねへん。生きたい人は死んでしまう。世の中、死にたい思いを抱えてる人はいっぱいいるからな。

 

イ:確かに、そうですね。野宿生活をされている方で、自殺される人は多いんですか?

 

タ:あんまり聞かんな。そりゃ、こういう生活しとったら、自分で死を選ぶような人は少ないやろうな。ここまで落ちたんやから。

 

イ:どういうことですか?

 

タ:ここまで落ちても、生きていけるってことや。落ちるとこまで落ちたんやから、この下はないやろう。人間、どんな環境になろうとも、生きていこうと思えば、どうにかなる。しんどいことも多いけどな。

 

イ:人生の荒波を渡り歩いたタカハシさんだからこそ、強烈に説得力があります。

 

タ:島倉千代子は、人生それぞれ。大石内蔵助は、人それぞれ。ほんま、そうやと思うわ。

 

 

次回は「失敗せな、発展はない」。発展が社会にもたらしたものについてお話を伺います。

 

2016./9.12 更新