野宿者という生き方 第1回「飯食うためにしゃあないな」

四方八方、十方丸く

 

「平和構築」、「貧困問題」と「環境問題」の解決、「災害支援・復興」の目的完遂、これらに向けて各種事業活動を展開しているNPO法人JIPPOは、「すべての存在と営みは互いに関係しあい支えあっている」という仏教の縁起の教えにのっとり、親鸞聖人の「世のなか安穏なれ」という願いのもと、浄土真宗本願寺派の社会事業活動の一環として、2008年に設立されました。

ここではJIPPOの活動の一つである、野宿者支援をテーマに、京都市における野宿者の現状とJIPPOの支援内容をレポートします。また、JIPPOが支援する野宿者に生い立ちや、野宿をするようになった経緯、さらには幸せや豊かさについて、思うところを聞きました。

 

 

野宿者という生き方

 

【第1回】

「飯食うためにしゃあないな」

野宿者1インタビュアー(以下、イ):タカハシ(仮名)さんが野宿者となった理由を教えてください。

 

タカハシさん(以下、タ):きっかけは、結局は不始末やな。

 

イ:どのような不始末ですか?

 

タ:ギャンブルやな。競馬が好きで、昭和46年からやってるから。もう、40年以上やってることになるな。競馬だけじゃないんやけどな。

 

イ:競馬を40年…大先輩。

 

タ:おっ、お兄ちゃんもするんか?

 

イ:お遊び程度です。ギャンブルの不始末、他人事とは思えません。(笑)

 

タ:気をつけろよ。(笑)お遊びぐらいが丁度良いわ。

 

イ:肝に銘じます。お仕事は何をされてきたんですか?

 

タ:仕事も色んなことしてきたな、職業的には20ぐらいはある。

 

イ:そんなに多くのお仕事を。

 

タ:だから、ある程度の一般的な知識はあるよ。色々と体験してきたから。

 

イ:具体的には、どのような仕事を?

 

タ:一番最近やったら、解体業。最近言うても、もう10年以上前やけど。それから水道、下水工事。道路の舗装とか。それと、水商売。

 

イ:水商売って、夜のですか?

 

タ:そう、祇園で仕事してた。ワシが最初に京都に来たのは、昭和41年。それから12年ほど、友禅の仕事をしてた。

 

イ:友禅、染物ですか?

 

タ:そう、染め専門。婚礼の時に着る紋付があるやろう、あれを専門で染めてた。

 

イ:本当に幅広いお仕事されたんですね。何で、友禅を辞められたんですか?

 

タ:不況が訪れて、友禅も危なくなると思った。本当に危なくなる2年ほど前に辞めたかな。だから、その後、日雇いの仕事を、それは色々したよ。そして、平成15年の夏にホームレスになった。もうここで11年や。

 

イ:11年…大ベテランじゃないですか。

 

タ:この河川敷も、今は2人しかおらんけど、昔はもっと人がおったよ。ここを離れていった人の中には、生活保護を受けた人もおるし、悪いことして捕まった人もおる、場所変わった人もおるし、死んだ人もおる。

 

イ:この場所にも歴史があるんですね。

 

タ:そうやな。

 

イ:友禅の仕事を辞められて、その後、他の職を転々とされた。その後、野宿者になったきっかけは、ギャンブルだけだったんですか?

 

タ:ギャンブルのこともあるけど、自然の成り行きやな。もう今年で12年目。 最後に仕事を探したのが、53、4歳の時やから。仕事探しに行っても、年齢的にいろいろとひっかかる時やってな。ワシ、ここにおっても2、3カ所仕事行ったときあったんやけどな。だけど、健康診断でひっかかってしまってな。血圧が高いから。だからやめざるを得なかった。いま、日雇いでも、必ず健康診断出さなあかんから。昔と違って、いまはそういうシステムやから。血圧が高すぎて辞めざるを得なかったし、他の仕事も見つからんやった。

 

イ:日雇いの仕事をいくら探しても無理だから、どうしようもなく野宿者になったという感じですか?

 

タ:飯食うためにしゃあない。

 

次回は「親」。タカハシさんが関西へいらっしゃったことを交えてお話を伺います。次回更新は8/29。

 

2016 8/26更新