エンディングアート展05

みなさんは「死」と聞いてどの様なイメージをされるでしょうか。2015年1月に京都の明覺寺で開催された「死」をテーマとしたエンディングアート展。2日間で111名の来場者を記録しました。当日は「死」をテーマとしたアート作品や、納棺体験ができる棺桶が本堂に展示されました。今回はその中の作品をご紹介させていただきたいと思います。

エンディングアート展05画像

タイトル 還る

河原有里 アクリル|F10

【作品紹介】

こんな死後の姿だったら良いのになという夢想です。

大地の上で眠り、獣や虫や小さな生き物たちに食べられ分解され、大地に溶ける。大地に食べられる!

こうしてこの存在の痕跡は跡形もなくなる。

【「死」のイメージ、考え方】

消えて、なくなる、ぽっかりと。

人間の世界から解放されること。

そして、何者でもなくなること。

2015.6/19更新