エンディングアート展06

2015年1月に京都の明覺寺で開催された「死」をテーマとしたエンディングアート展。龍谷大学の美術部を中心としたアーティスト達が競演し、それぞれがイメージする「死」を生々しく表現しています。今回はその中の作品をご紹介させていただきたいと思います。

エンディングアート展.06画像

タイトル セレナーデ(アクリル画/絵本)

丸岡沙季 アクリル、和紙|200×200mm×50mm

丸岡沙季 水彩色鉛筆、ペン、和紙|絵本(150mm×150mm)

 

【作品紹介】

京都西福寺で鑑賞した檀林皇后の九相図を元にしました。どんなに美しいものも、やがては色を失って、朽ちていきます。 【「死」のイメージ、考え方】

明日が来ないこと。

 

2015.6/26更新