寺×音楽 LIFE SONGS プロジェクト「一歩、前に進むための別れの曲No.5」

2017年3月4日(土)に京都・西岸寺において第3回となる、音楽を通していのちを考える機会を提供する、LIFE SONGSプロジェクト-お寺で音楽ライブ-が開催されました。
第1、2回のテーマは「人生、最後に聴きたい曲」ということで若手僧侶や若手学生アーティストが「人生の最後」、「死」というものを思った時にどんなことを感じ、どんな曲を聴きたいかを考え、演奏してもらいました。
LIFE SONGS、第3回となる今回のテーマは「一歩、前に進むための別れの曲」でした。3月ということで、「別れ」をテーマとして、若手僧侶や若手アーティストに歌ってもらいました。

image0001

4人目に演奏してくれたのは、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、この春に龍谷大学実践真宗学研究科を修了された、正親一宣さんです。
FUNKIST「愛のうた」、レミオロメン「3月9日」、GreenWorld「ある少女の物語」の3曲を歌ってくださいました。
「今という時間はいつなくなるのか分からない。時間の大切さを日々感じることが増えてきた。」と時間の重要さを語ってくれました。そして、ご自身のお父様が亡くなられたことを話してくださり、「別れ」を経験するまで、「別れ」を通して、「お父さん」の存在の大きさにさらに気がついていったと、語ってくれました。
そして、別れをテーマに大切なメッセージを込め、レミオロメン「3月9日」、GreenWorld「ある少女の物語」を歌いきってくれました。

2017.4/17