第4回 LIFE SONGS No.4 あなたの人生の一曲、LIFE SONGSはなんですか?

lifesongs4-1


「いのち」「人生」をテーマに、お寺でアコースティックギターの弾き語りライブを行う第4回LIFE SONGS(ライフソングス)「お寺で雨宿り〜悲しみ、憂鬱と向き合う場所〜」が2017年6月17日(土)に京都の浄土真宗のお寺で開催されました。13時半から、4人のアーティストたちと1組の漫才師が出演してくださいました。
LIFE SONGSはお寺や宗教空間における音楽イベントです。毎回テーマを設定して、そのテーマに合わせた選曲やトークが展開されます。


今回のテーマは「お寺で雨宿り〜悲しみ、憂鬱と向き合う場所〜」ということで、雨や憂鬱な気持ちに思いをはせる時間となりました。


2人目の演奏者は、龍谷大学の2回生でアコーステッィクギターサークルに属しておられる、毛利タロウさんです。


lifesongs4-2


「人前で話すことが苦手なので、歌でしっかりと伝えたい!」と力強く言ってくださった、毛利さん。
あまり多く語らず、歌で全てを表現してくださいました。

演奏された曲は

東京/くるり

ソラニン/アジアンカンフージェネレーション


会の最後に行われた出演者全員でのクロストークの時間では、司会者からこの曲を選んだ理由を尋ねられると、
「何か大きなことを始める時、人生の節目の時に聴いていた曲だから」
と答えられていました。まさに、人生の節目の曲ともいえる毛利さんのLIFE SONGSでした。


くるりの東京という曲は、京都に移住して、一人暮らしを始めた時にこの曲を書いたくるりの心境と、あの時の自分の心境と重ねていた。としみじみ話してくださいました。


また、「お寺で雨宿り〜悲しみ、憂鬱と向き合う場所〜」という今回のテーマを受けて、「雨はマイナスなイメージに捉えがちで、外に出ることをやめてしまったり、会える人と会えなくなったり……。一人で過ごす時間も自然と増える。ただそれだけ、一人でゆっくりと、自分の事を考えられる時間な気もします」と、雨といのちについても語ってくれました。


次回の、レポートもお楽しみに!



2017.7/21 更新