大袈裟[おおげさ]

大袈裟[おおげさ]…僧のぎょうぎょうしい姿から

 

「あの人のいうことは大袈裟だよ」というように、

大袈裟といえば、

実際よりもたいへんなようにいうさま、

誇大とか、おおぎょうを意味する言葉です。

 

袈裟は、僧が衣の上につけている法衣のことですから、

大袈裟は、文字通り、大きな袈裟のことです。

 

お釈迦様の時代には、

道端に捨てられている布切れを拾って

つなぎあわせて衣を作りました。

これを糞掃衣(ふんぞうえ)といいました。

衣はきわめて粗末な衣服だったのです。

 

その後、仏教が中国・日本に伝来してから、

袈裟は、華美で装飾的なものとなり、

儀式用に着用されるようになりました。

 

僧がそのような大きな袈裟を

ぎょうぎょうしく掛けている様子から、

規範の大きいこと、

おおぎょうなことを意味するようになりました。

また大きく袈裟がけに斬(き)りおろすことも、

大袈裟とよんでいるようです。

 

————————————————————————

「くらしの仏教語豆辞典」より転載

(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

——————————————————————————