被災地の声「ゆとりが出たとたん、弱肉強食に逆戻りだもんな」

(60代男性)

度か訪れたことのある男性宅を訪ねると、

土地の売買でトラブルに巻き込まれてしまったそうで、いたく落ち込んでおられた。

土地を買い占めるのは元々資金力のある中央の業者である。

地主と大手ハウスメーカーとで話を決め、土地の価格を釣り上げてしまうのだそうだ。

本当に困っている住人のことは、考えていないのだという。 

ため息をつきながら、「苦しんでいる時は、人の為にあれだけ尽くせたのになぁ」と、

震災直後みんなが一丸となって支えあったことを懐かしそうに語っておられた。 

(金澤豊)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––