被災地の声「私一人じゃないから」

(70代女性)

建てて4年の家が、津波によって流されたのだそう。

「私一人じゃないからね」

女性はそう言って遠くを見つめていた。

避難先では、腰まで水に浸かったのだと言う。

「怖かったんじゃないですか?」とお訊ねすると、

「私一人じゃないから」と答えられた。

避難所での心細い生活も、「私一人じゃないから」と。

その日、何度目かのその言葉は、まるで自分に言い聞かせているようだった。

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––