被災地の声「生き残り同士、仲良くやってるよ」

(70代、女性)

「今は、畑仕事が生き甲斐だ。」

作業に夢中になっている間だけは、辛い現状を忘れることができるからと女性はおっしゃった。

「どういったことがお辛いですか?」と尋ねると、ご主人を亡くしたことが辛くて、部屋にいるといつも思い返してしまうそうだ。

畑仕事をしていると、どこからともなく、猫たちが集まってきて、すり寄ってくる。

首輪をしていることから、きっと、震災前は誰かに飼われていたのだろう。

猫の世話をするためにも畑仕事に精を出さなければいけない。

「生き残り同士、仲良くやってるよ」と何ともいえない、寂しそうな笑顔で仰った。

(金澤豊)

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––