被災地の声「もう家はできてるんだけどね」

(80代、男性)

すでに自宅再建をされて、新しい家で暮らし始めているという男性。

仮設住宅に残った家財道具でも取りにいらしたのだろうかと、お話しを

うかがっていると、日中のほとんどを仮設住宅のお部屋でお過ごしなのだという。新しい家にいても、

話し相手がいないので、毎日仮設住宅に戻って来られては、近隣の方とお話しをするのが楽しみなのだそうだ。

自宅が再建したからといって、解決できる問題ばかりでもない様子が窺い知れた。

(安部智海

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––