被災地の声「困惑する」

(70代、男性)

校門だけが残る中学校のグランドから海が見える。

壊れた堤防を取り壊して、再補強する作業は休むことなく続いている。

多くの人の懸命の努力によって街の様子は確かに大きく変わってきた。

そこに住まう人々の様子はどうなのだろう。

”「陸前高田は復興が進んでるね」と言われて困惑してしまうんだな。”

このように話す老人と、吹き荒れる風の中、凍結したグランドを踏みしめながら話をした。

人の気持ちは、街の復興と同時に進むわけではないことを改めて感じた。

 

(金澤豊)

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––