三陸の近景「ヘドロのかき出し」

「ヘドロのかき出し」

三陸の近景「ヘドロのかき出し」
お寺の庫裏に流入したものを外へと出す。
室内と外の見分けがつかなかった当初、とにかくヘドロを窓から外へとかき出した。
慣れない作業における自分の不手際に脱力したこと、外の風景と同時に臭いも思い出される。

(金澤豊)

 

2015.6/30更新

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––