被災地の声「まだ気持ちのやり場がない」

「まだ気持ちのやり場がない」

 

(20代女性)

飲食店の店員さんが、お話をしてくれた。

祖父母が津波で亡くなった。

自分はおばあちゃん子だったので、よく沿岸部の祖父母宅へ遊びに行っていた。

その日も、高校卒業の報告をするために、お昼から祖父母宅へ行く予定だった。

しかし、些細なことで母親と喧嘩をして出発が遅れた。

結果的に、そのことで私は助かったのだと思う。

 

祖父母は未だに行方不明。

死亡届を出せば、現実的にも見舞金、弔意の補助金が行政から出る。

でも、母親は死亡届を出すかどうかで迷っていて、出していない。

まだ、気持ちのやり場がないのだと思う。

自分も辛いが、母のことを思うともっと辛い。

 

ふとしたきっかけで、思いをとめどなくお話されたが、業務中。

他の店員さんに呼ばれて厨房に戻られた。

店員さんの後ろ姿を見て初めて、私たちは箸を止めていたことに気がついた。

 

(金澤豊)

 

2015.7/23更新

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––