生きとし生けるものは幸せであれ【釈尊のことば】

釈尊のことば⑫ーー本願寺派総合研究所所長 丘山 願海
(『本願寺新報』 2015年(平成27年)8月1日(土)号より)
 

 

目に見えるものであれ、見えないものであれ、遠くに住むものであれ、近くに住むものであれ すでに生まれたものであれ、これから生まれようとするものであれ、一切の生きとし生けるものは幸せであれ  (スッタニパータ147偈)

 
この「生きとし生けるものは幸せであれ」という句は、スリランカやミャンマー、タイなどでは、これに前後する10の偈(げ)と共に「慈(いつく)しみの経(きょう)」として有名で、日々唱えられているそうです。
仏教は「縁起(えんぎ)」とか「空(くう)」などをはじめ、教理的にはとても難しいと思われていますが、仏教の教えの根本は、実はとても単純で、釈尊のこの生きとし生けるものへの慈しみの想いに尽きると私は思います。
 
それにしても、「すごい!」と思いませんか?今からおよそ2500年前の釈尊のメッセージが、現代に生きる私たちの心にまで響いてくるのですから。直接に会うことのできる人々だけでなく、会うことができない遠くの人々、あるいはこれから生まれてくる人々の幸せをも願ってくださっているのです。そう、人間だけではなく、いのちあるすべての存在に向けて贈られたメッセージなのです。幸せって人それぞれの思いはあるでしょうが、古い註釈書では「安らかで、危害による怖(おそ)れがないこと」と説明されます。人々の心の平安と、そして争いのない世界平和のことだと理解しましょう。
 
さて、私たちになじみ深い「極楽浄土」の原語は「幸せあるところ」という意味なのですが、この句の「幸せ」と同じ原語なのです。釈尊の「生きとし生けるものは幸せであれ」という願いを、法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)はまさに実現し、阿弥陀如来となられ、お浄土から私たちを護(まも)っていてくださるのです。
 

*ーーーーーーーーー*

 
『本願寺新報』の情報はこちら▼
https://hongwanji-shuppan.com/item/teiki.html?nbn=shinpou
 
◆本願寺新報 概要説明
毎月3回(1日・10日・20日)発行
但し、1月1日号は「新年特集号」、8月1日号は「お盆特集号」として発行。
また、7月10日号・12月10日号は休刊。
 
発刊以来120余年の歴史を持つ「本願寺新報」は門信徒の方々の新聞です。
宗門の動き、社会問題、やさしい法話、童話のページなど新しい情報が紙面いっぱい。
1面と最終面はカラー写真を豊富に使ったカラフルな紙面づくりを行っています。
一家に一紙、ご購読をお勧めします。
 
※同じ号を一括して多部数お申し込みいただいた場合には、部数割引。
※ご購読継続の案内は終了月の45日前。

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2020.12.31