老展02

「老」といわれるとどんなことを思い浮かべられるでしょうか。2015年7月、2日間にわたって京都の一念寺を会場に「老」をテーマとした老展が開催されました。お寺を会場とした老展、今回はその中の作品をご紹介させていただきたいと思います。

 

タイトル 発芽

テラプラス02_01

龍谷大学 池坊華道部 木口碧

生花

 

【作者の作品紹介】

華道とはその草花の一番美しい時期に、一番美しく見える状態を作り出すもの。よって老や、その他不健康な状態等をテーマとして掲げるのはとても難しいことです。今回は、「老の中のささやかな魅力」を個人のテーマとし、老をプラスのイメージに捉えた温かな作品に作り上げました。老により弱くなった輝きは、色褪せたものに囲まれてより美しいものに感じるのではないのでしょうか。

【作者の「老」のイメージ、考え方】 老とは、輝きが失われ廃れていくこと。但しその輝きは完全に無くなるのではなく、外面や能力が色褪せたなかにもささやかな魅力があるのではないでしょうか。

 

 

2015.9/7更新

 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2015.09.07