白い毛並みの保護猫ゆきちは│譲渡会の動物レポート<再登場!>

 
名前:ゆきち
性別:オス
年齢:不明
 
真っ白な毛並みと、ちょっと大きめのキバがチャーミングなゆきちは、ご飯が食べられない様子を心配されて保護された保護猫です。
その後の検査で猫エイズウィルス(FIV)のキャリアであることが判明した彼は、他の猫たちと暮らすことができません。猫エイズは、ヒトには感染しませんが、ケンカなどで他の猫に感染するからです。
ゆきちは、今日も迎え入れてくれる家族とのご縁を待っています。
 
京都市の一念寺さんで行なわれている保護動物譲渡会「いぬとねこ」。レポートの番外編として、譲渡会でご縁を待つ/ご縁のあった保護動物たちの写真をお届けしています。かわいい動物たちの写真を通して「いのち」を考えるきっかけになれば。
 

 
今後、こうした動物たちをとりまく現状について、一念寺譲渡会に限らずさまざまな情報をお届けいたします。
 
本記事に対するお問い合わせはこちら
 

高槻ねこのおうち
takatuki_neconoie@yahoo.co.jp
   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.09.03