「おっちゃん」という保護猫|譲渡会の動物レポート#34

名前:おっちゃん
性別:オス(去勢済み)
年齢:およそ5歳
 
「おっ(↑)ちゃん(↑)」ではなく、「おっ(→)ちゃん(↓)」。
発音がちょっと誤解を招きやすい名前の彼は、猫エイズウィルス(FIV)のキャリア。
他の猫とは暮らせません。
猫エイズは、ヒトには感染しませんが、ケンカなどで他の猫に感染するからです。
 
性格は大人しいのにとても人なつっこくて、保護された今は毎日をゆっくりと過ごしています。
現在は頑張って口内炎の治療中です。
保護直後はぼさぼさだった毛並みも、だいぶきれいになってきました。
 

(保護当時のおっちゃん)

 
穏やかで、人なつっこいおっちゃん。
そんな彼と一緒に暮らしてくれる人はいらっしゃいませんか?
 
京都市の一念寺さんで行なわれている保護動物譲渡会「いぬとねこ」。レポートの番外編として、譲渡会でご縁を待つ/ご縁のあった保護動物たちの写真をお届けしています。かわいい動物たちの写真を通して「いのち」を考えるきっかけになれば。
 

 
今後、こうした動物たちをとりまく現状について、一念寺譲渡会に限らずさまざまな情報をお届けいたします。
 
本記事に関するお問い合わせはこちら。
動物福祉団体 Pawer.
http://pawer.jp/contact/

 

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

掲載日: 2021.10.09