「他人にどう思われているのか知りたい」

≪本日の僧侶プロフィール≫

 

 

・愛犬僧侶

友人を事故で亡くしたことがきっかけで仏教に関心をもち、僧侶となる。犬を飼い始め、趣味が飲酒から散歩に変わる。肉食系の妻をもつ。

 

・グローバル婚活僧侶

グローバルな視点から現代の抱える諸問題に取り組むと共に、自身の婚活にも余念がない。

 

・サッカー僧侶

仏教の研究のみならず、サッカーをこよなく愛する。好きなチームの試合がある時は、声をからして応援する。

 

 

 

≪本日の人生僧談≫

 他人にどう思われているか

「他人にどう思われているのか知りたい」

 

【内容】

他人にどう思われているか知りたいけど、はずかしくてもどかしいです。

 

 

 

 

 

 

サ:「はずかしくてもどかしい」ってあるけど、ここでいう「他人」は特定の異性を指してるのかな?

 

愛:どうだろう。誰かに特定するのは難しいし、むしろ不特定多数の人を指していると考えたほうがいいかも。

 

グ:でも相談者の気持ちは分からないでもない。やっぱり本心をいえば、他人の気持ちって気になる。社会の中での人間の関係性は信頼で成立している。だからこういう類いの心配や不安は常に付きまとうもの。

 

愛:だけど面と向かって「すみません、あなた私のことをどう思ってますか?」とは聞かないし、聞かれた記憶もない(笑)。相手の気持ちって、それとは別の方法で受け止めていく道があるように思うんだけど。

 

サ:ただ不特定多数の人に自分がどう思われてるのかを知ることって、現実的には厳しい。直接コミュニケーションを取ることがなければ、相手の情報は入ってこないよね。

 

グ:当たり前のことだけど、相手のことを知るには話すこと・聞くことを繰り返すことが重要。その中で徐々に分かってくるものがあるし、肌で感じられるようにもなってくる。

 

愛:人の心の機微を知るには、「場数」であったり「技術」も必要になってくる。これって一朝一夕で簡単に出来ることではないんだろうね。

 

サ:もしかして相談者の心の中には、「良いように見せたい」・「相手にこう思われたい」という欲求があって、その理想と現実のギャップに悩みを抱えているのかも。

 

グ:でも、そういった思いも視点を変えれば成長につながる側面を持ってるんじゃないかな。人間は関係性の中で生きてるし、他者との関係の中で育てられ、醸成されていくものだから、理想を持っておくことはとても大切。

 

サ:あと周りの評価が全て分かってしまうのは、個人的に正直きつい。むしろ全てを分からないからこそ生きていけるんだと思う。ただ部分的に感じたもの、気付いたことに関して、自分がどう受け止めていくのかが重要なんだと思う。

 

愛:これって大事な悩みだよね。良好な関係性を築いていく為には、自分がどういう行動を取り、どういう心持ちで接しているのかが、まず自分自身に問われてくる。他者の評価を気にしすぎるよりも、自分に向けた反省やチェックが関係性にも自ずと影響してくるような気がする。

 

 

 

 

《中締め》

他人の気持ちを全て知ることは出来ないし、聞くことだけで何かが解決するわけでもない。むしろ、他者とのつながりの中で自分を知り、自分がどうなっていきたいのかが問われてくる。そこでの気付きや学びが自身の成長を促し、相手との関係性をより良好なものにしていくのかもしれない。