「この町と、これからも。この町と、いつまでも。」下京区まちづくり部門表彰

guchi1
DSC_8308a
2019年11月24日、京都市下京区の140周年記念事業式典にてたくさんの表彰者がいらっしゃる中、グチコレは「まちづくり部門」にて表彰をしていただきました。
 
今年で8年目を迎えるグチコレ。数々の新聞、テレビ、ラジオや雑誌といったメディアに出させていただく事で少しずつ皆様に認知していただき、街頭で実施している時も、「あ、あの京都タワーの下でやってるグチコレや!」と言っていただけることも増えてきました。下京区とともに歩む活動になりつつあります。
 
guchi2
路上で人々の愚痴を聞く、批判もアドバイスもしない、ただひたすらに聞くのみという、一見しますと地味な活動に見えるかもしれません。しかしその聞き続けるということにグチコレの存在意義があるのではないかと感じます。
 
グチを言うと嫌悪される昨今の世の中、気軽にグチを言うことのできる場所というのはほとんどありません。しかし人間はグチが尽きない生き物。その尽きないグチを言うことのできる場所として我々はひっそりと活動しております。
 
guchi3
下京区140周年のキャッチコピー「この町と、これからも。この町と、いつまでも。」
この言葉のように、グチコレをより一層、下京区とともに歩むことのできる、地域に根付いた活動にしていきたいと考えます。
 
また、2019年12月をもって、グチコレは新代表に交代しました。新代表は安武慶哉(やすたけ けいや/龍谷大学実践真宗学研究科 修士1回生)です。
 
 
<新代表コメント>

今回代表を仰せつかりました、実践真宗学研究科 修士1回生の安武 慶哉(1枚目写真左)と申します。
今まで諸先輩方が紡がれてきたグチコレの伝統を大事にしながら、新たな事にもチャレンジできたらなと思っております。よろしくお願いいたします。
 
<前代表コメント>

実践真宗学研究科 修士2回生の栗田 弘智(くりた ひろさと/1枚目写真右)と申します。様々な方々に支えられ、グチコレの代表を2019年11月まで約1年間務めさせていただきました。本当にありがとうございました。これからはグチコレのメンバーとして、新代表の安武君を支えていきたいと思います。今後とも、グチコレをよろしくお願いします。
 
2019年12月 グチコレスタッフ一同
 
What’s about グチコレ?
 
『グチコレ』とは「グチコレクション」の略である。街行く人々の愚痴を聞き、集め、サイトで公開していく活動である。愚痴はもともと仏教語で煩悩の一つとされるが、悩み多き現代人には、ためこんだ愚痴をこぼす場所が必要なのかもしれない。あるいは公開された他人の愚痴に共感し、ほんの少し気持ちが楽になることもあるだろう。愚痴は悪口や弱音というようにネガティブに捉えられがちだが、私達は愚痴を本音と向き合うポジティブなことと捉え、気軽に愚痴を言える社会を作っていきたい。『グチコレ』は、京都で仏教を学ぶ学生を中心とした、有志のグチコレクターの集まりである。今宵もまた、どこかの街に繰り出して、人々の尽きない愚痴を聞いていることだろう。