065/A girl from Osaka

 

今年も秋の深まり。

黄色く染まる大銀杏の季節。

写真が趣味だという彼女。

デジタルではなく、フィルムにこだわる。

「一枚一枚との付き合いの長さに魅力があるんです」

進歩は歓迎されるべきである。

けれどその過程で削ぎ落とされてしうものの中にこそ

振り返るべき魅力が隠れているのかもしれない。

Temple:Nishihongwanji Photo/Text:Kenji Ito