関西弁のちくわ!?絵本をとおして、食材を身近に感じる絵本。

いくわのわーさん
タイトル:ちくわのわーさん
さく:岡田よしたか
出版社:ブロンズ新社
 
このお話しは、表題の通り、ちくわのわーさんが主人公のお話です。
 
このわーさんが、どこかへ向かっているところからお話しは始まります。
向かっている途中で、休憩したり、友人に出会ったり、色々な場面が出てきます。
急いでいる様なのですが、楽しく歌ったり、鯉のぼりにチャレンジしたり、巻き寿司
になってみたり・・・・・・
 
 
のんびりゆったり楽しんでいるわーさんを見ていると、なんだかホッこりします。
さてはて、わーさんはどこに向かっているのかな?
 
・・・・・・・・・・
 
この絵本を読むと、子ども達はちくわという食材が色々チャレンジしているところが楽しいようです。さらに、関西弁で話すわーさんのにくめないキャラも、子ども達を グッと引きつけています。
また、給食でちくわを発見すると、「わーさんが来てくれた」と喜んでいます。
 
絵本をとおして、食材を身近に感じ、食事も楽しくできるようにしてくれる作品です。
 
 
京都府綾部保育園
年中担任 西山 和子(にしやま かずこ)

 
 


 

関連記事関連記事

 

掲載日: 2019.12.05