「お寺とカレーって、なんか相性良さそう」 カリー寺@尼崎 西正寺 兵庫県尼崎市のお寺で開催!

「お寺とカレーって、なんか相性良さそう」 カリー寺@尼崎 西正寺 兵庫県尼崎市のお寺で開催!

 

DSC_8802a


お寺とカレーって、なんか相性良さそう。」ひょんな発想から生まれた「カリー寺」、今年も兵庫県尼崎市にある清光山 西正寺にて7月28日に開催されます。先日6月25日に、ボランティアスタッフの説明会が同寺で行われました。

 

集まった参加者は西正寺さんの門徒の方をはじめ、昨年度ボランティアスタッフとして参加された方、近隣住民の方、インターネットで情報を知り遠方から駆けつけた方と、実に様々な方がいらっしゃいました。

今回は、今や全国で広がりを見せているカリー寺についてレポートします!

 

カリー寺とは?

 

定刻を迎え、ボランティアスタッフの説明会が始まります。進行を務めるのは西正寺の中平住職と尼崎市内を拠点にイベンター活動をされている藤本遼さん。この2人がカリー寺の仕掛人でもあります。参加者同士の自己紹介タイムののち、カリー寺の説明が始まりました。

 

2016年の7月に最初のカリー寺が始まりました。

とあるカレーイベントに出向いてた時に、ふと「お寺とカレーって、なんか相性良さそう」と藤本さんは思いついたそうです。そしてその話を中平住職に持ちかけたのが始まりだそうです。

2016年の第1回のイベントは5月に企画を考え始め、7月に開催というなかなか大変なスケジュールの中、この企画を運営されたようです。

 

中平住職は、企画を考え始めた頃「ただカレーを食べるだけではちょっと何か足りない…」という反応だったそうです。カレーとお寺に共通することは何か?それはインドだ!という発想から、異文化交流の要素も盛り込むことでイベントの企画が立ち上がります。第1回のイベントは大成功し、500人ほどの参加者がお寺に来られたそう。2回以降は参加者もさらに増え、イベントの内容もより充実したものになりました。

 

イベントが始まる際は、仏式の法要も行なっています。中には初めてお経をお勤めした方もいらっしゃったとか。

イベントのボランティアスタッフも、学生から近隣の門徒さんまで、年齢層は10代から80代ととても幅広く、終了後の打ち上げは中平住職曰く「島の飲み会みたい」だったそうです。

 

イベントというよりは、一つのパーティというような

 

DSC_8849a

中平住職がこのイベントで大切にしているのは「友達の家でしているカレーパーティーに行くような感覚」だそうです。

1年目のイベントも温かい雰囲気に包まれていたようで、ちょっとした運営中のトラブルも参加者さん同士でフォローしあったりと、気取らないゆったりとした空気感が漂っていたようです。参加者もスタッフも同じ目線で楽しめる。そんなイベントです。

 

門徒さんも、門徒さんじゃない人も

 

DSC_8869a


「カリー寺を通じて、いろいろなものが生まれている」と話す藤本さん。あくまでも外部によるお寺への持ち込み企画です。ですがそれが良い方向に作用し、その後西正寺では様々なイベントが開かれることとなりました。キャンプだったり、勉強会であったり、あるいはお寺を掃除するイベントだったり……お寺の活性化に一役買っていますね!中にはイベントの参加を通じて「行きつけのお寺は西正寺です!」と宣言する方も……。

 

また、カリー寺は西正寺だけでなく、イベントに賛同した福岡や東京のお寺でも行われているそうで、主催者同士でつながり、連絡や情報交換を行いながら開催されています。カリー寺を通じて人と人とのつながりが広がりつつあります。

「遊びでもありながら、広がりをみせつつある」と話す中平住職、ボランティアスタッフに対しても受け身にならず積極的に活動してもらえればと投げかけました。

 

今年で4回目を迎え、ますます盛り上がりを見せる「カリー寺」、今年はカレー屋台の出店に加えて音楽演奏やお寺と僧侶を題材にしたトークセッションも行われます。

はてさて、どのようなイベントになるのでしょうか。当日が非常に楽しみです。

《カリー寺 イベント概要》

【日時】2019(令和元)年7月28日(日)11:00~16:30

【場所】清光山西正寺(兵庫県尼崎市上坂部3丁目36-8)

詳細は下記URLまで!

http://currytemple.com/