お寺での新たなであい「寺町コン」No.1

2015年12月19日の京都市内のお寺で龍谷大学の有志で集まった大学院生が中心となり「寺町コン」という出会いを大切にした場の街コンが開催されました。学生たちはお寺という空間に若い世代の方がもっと親近感をもってほしいという想いとお寺というある種、普段とは違う空間で『であい』ということを一人ひとりが感じ、考えてもらうために開催している。と語ってくれました。

 最近、よく耳にする街コンですが、彼らが主催している「寺町コン」とはお寺という場でゆったりとした雰囲気の中、お互いのことを語り合いながらの「であい」を大切にしているそうです。ワイワイと賑やかな街コンとは少し違い、お寺の空間が活かされているゆったりとした雰囲気が参加者にも流れていました。そんな寺町コンの様子や企画者の想いをお伝えしていきたいと思います。

寺町コンno1

参加者は20代、30代の男女12名で開催されていました。最初はみなさん大変緊張されている雰囲気でした。以前に街コンに参加されたことがある方も「今回はいつもと違う雰囲気で、緊張する~!」との声も上がっていました。しかし、実際に会が始まると、自己紹介の時間やみなさんの緊張をほぐすようなゲームの時間、また主催者からの手作りのお茶菓子も振る舞われ、徐々に和やかな雰囲気に包まれていた。緊張が解けてからは、4人ずつテーーブルを囲んで語り合う場が設けられており、「あなたが人生で輝いている瞬間は?」や「どんな人生を歩んでいきたいか?」という深い質問が主催者より準備されていた。参加者は真剣な顔で自分の想いのたけを語っていらっしゃいました。

皆さんだったら、こんな質問にどんな風にお答えされますか?

 

そんな、「寺町コン」の様子を次回からも随時、ご紹介させていただきたいと思います。

寺町コンが気になった方はfacebookページ「寺町コン」で検索!

2016.1/7 更新

掲載日: 2016.01.07