寺×音楽 LIFE SONGS プロジェクト「一歩、前に進むための別れの曲No.6」

2017年3月4日(土)に京都・西岸寺において第3回目となる、音楽を通していのちを考える機会を提供する、LIFE SONGSプロジェクト-お寺で音楽ライブ-が開催されました。
第1、2回のテーマは「人生、最後に聴きたい曲」ということで若手僧侶や若手学生アーティストが「人生の最後」、「死」というものを思った時にどんなことを感じ、どんな曲を聴きたいかを考え、演奏してもらいました。
LIFE SONGS、第3回目となる今回のテーマは「一歩、前に進むための別れの曲」でした。3月の開催ということで、「別れ」をテーマとして、若手僧侶や若手アーティストに歌ってもらいました。

image00001

5人目に演奏してくれたのは、この3月に龍谷大学を卒業された岡宏信さんです。岡さんはプロのアーティスト活動されていて、今回は岡さんご自身が作られた曲を3曲演奏してくださいました。
「別れとは、一緒に歩いてた人と別の道を歩くことであり、でも、もっと先の道で、またその人の道と交差するかも知れない。ただ、その時には笑って会いたい。」そう語って、ご自身の曲「いつかそこで」を歌い、まさに別れの季節に合った曲を演奏してくれました。

第1回の開催のテーマ「人生、最後に聴きたい曲」の時に、岡さんのおじいさまが亡くられた時のことを話してくださっていました。今回は、おじいさまの葬儀に行けなかったことの何かモヤモヤを少しお話くださり、「別れ」についての岡さんなりの強い想いを語ってくれました。

他、自身の曲「消えない言葉」「ありふれた話」や新曲など、人々との出会いと別れと関係の深い曲を歌ってくれました。

2017.4/19 更新