被災地の声「これまでの二年は我慢できた。でも、これから二年と言われると…。」

(70代女性)

仮設に入ってから、わずか2年の間に、仮設にお住まいの友達6人が糖尿病や、くも膜下出血で亡くなったのだそう。

きっと、仮設でのストレスに原因があるのだと教えてくださった。 

そのような環境で、友人のご主人が、自ら命を絶たれたという。

それ以来、夕食を毎日のように友人宅に持って行き、話かけるようにしているそうだ。

「少しでも周りの人の役に立ちたいから」と凛とした表情をされる下で、

「これから二年も仮設に居ないといけないなんて…自分の年を考えると…」と突然涙をこぼされた。

ご自分のこれからのことと、周囲の亡くなった方を重ねながら、

複雑な想いを吐露される彼女の姿から、仮設住宅に住むことの厳しさを改めて痛感させられた。 

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––