三陸の近景「堤防」

雨上がり、久しぶりの晴れ間を車窓から眺めていた。

破壊された堤防の隙間からふと海が見えることに気づいた。

堤防がもとどおり修復されるのはいつのことだろうか。

(金澤豊)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––