被災地の声「自殺しても仕方ないしね」

(80代、女性) 

「自殺してもしょうがないしね」と、冗談交じりにおっしゃる女性。

「自殺することも考えますか?」と尋ねると、その笑顔を崩さずに、若い人たちの足手まといになりたくないこと、身体の節々が痛むこと、日ごろの愚痴などを次々に話された。

そして、「だからって、自殺してもしょうがないしね」と言って、再び笑われるのだ。

終始、笑い声を伴いながらのお話は、果たしてどこまでが冗談だったのだろうか。

(安部智海)

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––