三陸の近景「希望のかけ橋」

24時間休むこと無く山の土砂を運ぶためにベルトコンベア式の橋ができている。

浸水地域に土砂を盛ることは復興のためにどうしても必要な手順だという。

地元の人々の強い願いを持って「希望のかけ橋」と呼ばれている。

(金澤豊)

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––