被災地の声「仮設に入って正解だった」

(70代、女性)

日ごろ、外出することも、集会所へゆくこともないとおっしゃる女性のこと。

さぞ、お気持ちがふさいでいらっしゃるのではないかと心配になったが、お話を聞いてみると「仮設に入って正解だった」という。

女性は、昨年までアパートの「みなし仮設」におられたそう。

持病の心臓病で万が一のことを心配した息子さんが、仮設に入るように勧めてくれたという。

「みなしと違って、ただ周りに人がいるってだけで、安心するんだよ」

女性はそういって、明るく笑っておられた。

孤独ではないという、ただそれだけのことが、女性にとって支えになっていたのだ。

 

(安部智海)

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––