3ヶ月の赤ちゃんも楽しめる絵本

  3ヶ月の赤ちゃんも楽しめる絵本

題:『ちいさなうさこちゃん』

作・絵:ディック ブルーナ

 

 

このうさぎのキャラクターの名前は? ミッフィー? うさこちゃんです。この名を知らない人が意外と多いように思います。ってことはこの本を読んだことがないということです。本名はオランダ語でnijntje(何と読むのでしょうね)だと思います。ミッフィーは英語名、日本語名はうさこちゃんです。

オランダのディック・ブルーナの鮮明な絵、独特な線と色は、赤ちゃんも楽しめます。まだ視力は0.02程度、30センチほど距離しか見えないと言われる3か月のころ、わたしの息子はこの本を読むと手を伸ばすように手足を動かしていたのを思い出します。絵ばかりでなく、言葉が絶品です。いしいももこさんの訳ですが、何回も読めば、大人も空で言えるようになります。

この本は「子どもがはじめてであう絵本」というシリーズになっています。ですから、「わかる」とか「わからない」とかではなく、とにかく赤ちゃんにも読んで聞かせませう!

すばらしい絵、リズムのある言葉、その二つの幸福な出会いが絵本なのです。そんな上質な絵本のシャワーを子どもたちにいっぱいいっぱい浴びせたいですね。

(園長 西元和夫)

 

 

 

遊びの学校 美哉幼稚園

 

鳥取県境港市にある園児数100人ほどの私立幼稚園

「聞思ーよく聞き よく考え よく遊ぶ」ということを理念とし、「本物にふれる」「風土を身心にきざむ」「ものごとがどこから来てどこに行くのか思いをはせる」ような保育を展開中。たとえば地元伯州綿を栽培するびさいオーガニックコットン。年長児による市場見学といわしの手開きを二つの体験軸とするお魚探検隊。

詳しくはびさいHPをご覧ください。

 

 

 【外部リンク】

http://bisai-kindergarten.com/

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2013.05.02