古寺を訪ねる会〜鎌倉大仏〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長谷寺より歩くこと約10分、鎌倉大仏こと高徳院へとやってきました!

 

メンバーで唯一の関東っ子、あいちゃんのガイドによって進んでゆきます。

 

 

 

 

まな :   「あいちゃんはここに何回くらい来てるん?」

あい :   「うーん…3回は来てると思います…」

まな :   「大仏マスターやね(´ω`)」

 

そんなあいちゃんがマスターした大仏さんは、

自分が思っていたよりも大きいことに驚き!

 

しかし…

 

 

 

 

 

まな :   「しおりのために鎌倉大仏の写真を見すぎて(※)、

何だか既に見飽きた感がするんですが…(笑)」

※今回私は合宿のしおりの挿絵を担当していま

した

参考→

先生 :   「アッハッハ!(笑) いま初めて来たのにか!」

まな :   「はい…螺髪を描くのが大変だったトラウマが (笑)」

先生 :   「そういえばここは奈良の廬舎那仏と違ごて阿弥陀

さんなんやね」

 

【ちょっとした豆知識】

螺髪…仏様の髪型で、長い髪が一本一本丸まってぶつぶつとしたもの

 

 

そして大仏さんの前でパシャリ。

お面での撮影も慣れてきたみんなです。

 

 

 

 

まどか:   「大仏の中に入れるって!どうする?」

あじゅ:   「あいちゃん、中ってどんな感じ?」

あい :   「“あー、大仏の中なんだー”って感じです。(笑)」

あやか:   「(笑)」

さき :   「せっかくなら入りたい!(^^)」

 

ということで大仏さんの中へ。

先生:   「まなさん、夢にまで出た螺髪が見えるで!(笑)」

まな :   「ギャー!(笑)」

あじゅ:   「…なんか……ガムテープで頭留めてるみたい(笑)」

まどか:   「確かに見える!」

あやか:   「それ修理した時の部分じゃないですか?(笑)」

 

【豆知識】

丈夫な大仏さんも大正期の地震では被害を受け、前かがみになってしまったそうです。その際の修復で、頭を支える首の部分を補強した強化プラスチックが、まるで巨大ガムテープのようでした…。(写真なくてごめんなさい><)

 

【まな】

鎌倉と言ったら大仏さん!史学科生としては逃せないところです。それにしても仏様の中に入れるなんて初体験でした。仏様、特に大仏さんを外で空を背景に拝めるのはなかなかないので貴重ですね!(→今回の旅行でやたらといじられ、アイドルだったしおり裏表紙の頼朝公 笑)

 

しおりの裏表紙のアイドル頼朝公さんは今回、まなみちゃんの彼氏という設定でした(笑)

(部員談)

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2014.01.16