被災地の声「14時46分」

(60代女性)

毎月11日やお盆、お彼岸の時期になると、14時46分が気になるという方がいらした。

14時46分が来るまでは、どうしても気持ちが落ち着かないのだそう。

「この時間、まだあの子は生きてたのかと思うとね」

あきらめがつかないのだそうだ。

そして、14時46分が過ぎると、ようやく気持ちが落ち着くという。

「あぁ、もう間に合わないって思うの」

彼女のなかで、何度も何度も震災の記憶が反芻されていることは想像に難くない。

しかし、そのたびに繰り返された彼女の悲しみの深さは、想像することもおぼつかない。

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––

 

   

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2014.05.08