被災地の声 「災害公営住宅」

被災地の声「災害公営住宅」

被災地の声「災害公営住宅」

仮設住宅の次の住居として整備された災害公営住宅。

供給が始まりしばらく経つ。

高台に位置しているので津波の心配もなく、耐震性もあり安全で、目新しく評判も良い。

しかし、「鉄の扉の中に入ると隣近所がまったく分からない。」

「震災以前の暮らしとのギャップについて行けない」など、不安な声も漏れ聞こえる。

住居が整えば問題は解決するというわけではないようだ。

 

(金沢豊)

 

2015.10/28更新

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––

 
記事作成:他力本願.net
掲載日: 2015.10.28