ぬくもりの ふところ【インスタ法話】


前の記事
2021年3月2日
記事作成:他力本願ネット

次の記事


 

ぬくもりのふところ
【懐石】
茶の湯の席で、茶をすすめる前に出す簡単な料理のこと。
僧侶が寒さと空腹をしのぐため、温めた石を懐に抱いていたことが由来。
 
人に言えない悲しみがある。
人に見せない涙がある。
1人抱えて、閉ざされ、凍ったこころ。
凍てついたこころを溶かすのは、ぬくもり。
少しずつ、わたしのこころを解きほぐしてくださる。
「あなたは1人じゃないよ。常に、ともに一緒だからね。」
仏さまのぬくもりが、こころの底から、支えぬいてくださる。
だから、生きてゆける。

     

Author

 

他力本願ネット

人生100年時代の仏教ウェブメディア

「他力本願ネット」は浄土真宗本願寺派(西本願寺)が運営するウェブメティアです。 私たちの生活の悩みや関心と仏教の知恵の接点となり、豊かな生き方のヒントが見つかる場所を目指しています。

≫もっと詳しく

≫トップページへ

≫公式Facebook

掲載日: 2021.03.02