被災地の声「なんとも言えないね」

(70代、女性)  何かにつけて相談に乗ってもらっていた仲の良い友人を津波で流されてしまったという女性。  きっと、さみしい思いをされているのではないかとお訊ねしてみると、しばらく自分の気持ちを反...

三陸の近景「災害公営住宅の集会所」

内覧会も盛況のうちに終わったとのこと。 自治会長さんの安堵の表情が印象的だった。 (金澤豊) ——————————————–—–—–—––– 詳しい活動を描いた書籍はこちら ————————...

三陸の近景「小さな祠」

ある神社本殿の横に、小さな祠を見つけた。 開発のために背にしていた木々は伐採され、陽光が差し込むようになった様子。 突然スポットライトが当たるような感覚だろうか。 (金澤豊) ————————...

「いのちのつながり」について考える絵本

題:『いのちのまつり』 作:草場一壽 絵:平安座資尚 出版社:サンマーク出版 本体価格(税抜き): 1,500円   このお話は、お墓参りをしているところへ遊びに来た男の子が...

三陸の近景「高台移転住宅予定地」

元々の山を切り崩して生まれた高台に住宅用の平地が造成された。 澄み切った青空と、雨よけに使われた人工的なブルーシートの青色の対比に引きつけられた。 (金澤豊) ——————————————–—–...

グチコレポート(第116回)

≪本日のグチコレクション≫   ――18時30分開始――   ◆30代男性1名 「先輩が全然結婚しない」 「早く結婚してほしい」 「後輩が生意気」 →先輩と後輩、お...

三陸の近景「旧堤防」

漁港の堤防の修理が急ピッチで進んでいる。 津波に乗り越えられてしまった堤防に残されたメッセージが途切れてしまっている。 堤防が造られたときに地元の方が託した思いを推し量っている自分がいた。 (金...

出張グチコレ@「右京区役所」(第115回)その2

≪本日のグチコレクション≫   ―15時00分開始――   ◆60代女性1名 「T字路にカーブミラーをつけてほしい」 →子供の通行量も多い場所だそうで、通行人に気をとられすぎてご自身の車を...

被災地の声「困惑する」

(70代、男性) 校門だけが残る中学校のグランドから海が見える。 壊れた堤防を取り壊して、再補強する作業は休むことなく続いている。 多くの人の懸命の努力によって街の様子は確かに大きく変わってきた...