寺子屋あしたデザイン「お寺でからっぽ体験」No2

寺子屋あしたデザイン「お寺でからっぽ体験」No.002 ーヨガについてー
 
龍谷大学生と鍼灸師のコラボ企画『寺子屋あしたデザイン』の活動第1弾として、6月20日に実施された「お寺でからっぽ体験」でヨガ担当の瓜生(うりう)さんに少しお話しをうかがいました。
 
レッスンは呼吸を整えるところからはじまります レッスンは呼吸を整えるところからはじまります
 
 
こんにちは。ヨガの時間を担当させていただいている瓜生(うりう)です。皆さんは、ヨガと聞かれるとどのようなイメージを持たれるでしょうか。つい最近まで、ヨガといわれたらどこかしら「きつい」「無理にポーズをとる」そんなイメージを勝手ながら持っていました。
 
しかし、やってみるとヨガというのは「無理をしている自分に気づかされる」「そんな自分を楽にしてくれる」といったものような気がします。ヨガを終えた後に皆さんよく「こんなに自分の身体がこっていたなんてびっくりしました」「身体がこんなに軽くなるなんて驚きました」という声をいただきます。
 
京都市内にいることを忘れられるほどの静かなお寺(ヨガの時に使われていた鈴と本堂) 京都市内にいることを忘れられるほどの静かなお寺(ヨガの時に使われていた鈴と本堂)
 
 
おそらく私たちは日頃、知らずしらずのうちに身体に力を入れて、そのことにも気がつかずに毎日、頑張っているのだと思います。
 
ゆるゆると少しずつかもしれませんがそんな日頃の心身をゆるめられる時間のお手伝いが出来ればと思います。そして、その場所が、落ち着いた雰囲気のほっとさせられるお寺さんというのは、この企画の大きな魅力だなぁと最近改めて感じます。
 
2015.8/18 更新
 
※ヨガとお灸は有資格者の指導のもと行っております。
 
次回の「あたまからっぽ体験」の開催は8月23日。お申し込み、お問い合わせは下記でお待ちしております。
asitadesign@gmail.com
掲載日: 2015.08.18