『お寺で遊ぶ!仏教の教えを感じる「お寺ってどんなとこ?」_お寺で謎解き脱出ゲーム No.3』

『お寺で遊ぶ!仏教の教えを感じる「お寺ってどんなとこ?」_お寺で謎解き脱出ゲーム No.3』

 

 

テラプラス脱出ゲームNo

 

以前、テラプラスでご紹介させていただいた「お寺で遊ぶ!仏教の教えを感じる『お寺で謎解き脱出ゲーム 』」。今回はそこに参加してくださった方々がお寺にどんなイメージを持たれているのかを一部紹介させていただきたいと思います。

20代、30代と参加者に若い世代が多い、「お寺で謎解き脱出ゲーム」。普段、法事や観光でお寺に行くことはあるけど、それ以外はあまり行かないなぁとうかがいました。

 

さて、そんなみなさんはお寺をどんなところだと感じられているのでしょうか?

今回、多かった意見はお寺って・・・「静か」「落ち着く」「荘厳」とみなさま、お寺では静かに正座して心を落ちつけられる場所かなぁ、という感じでした。その一方で「かたい」「正座しびれる」といったような静かゆえに感じてしまうお寺のかたさも感じておられるようでした。

 

しかし、ゲーム終了後にお話しをうかがうと多くの方が、「お寺で遊んでいいんだ!」「正座じゃなくてもいいんですね!」といったように、この企画に驚きを隠せない方も多くいらっしゃいました。ゲームの始めはやはりみなさま緊張されたお顔でしたが、ゲームに夢中になるうちにいつの間にか顔もほころんで、とても和やかな雰囲気となっていました。

主催者である「トイカケボーズ」のメンバーもお寺って静かで落ち着けるところでゲームをすることに、悩んだこともあったようですが、今はお寺は静かな空間でもあり、みんなが集える楽しい場でもある。そのように考えられているようです。それにただ遊ぶだけでなく、そこに少しでも仏教の心にふれてもらいたい、という想いもあるようです。

11月にも「蜘蛛の糸」というテーマで謎解き脱出ゲームが再演されます。年明けには新作の講演予定もあるようで、これからの企画に期待が高まります。

 

■日時

11月21日(土)

開演13:00(開場12:30)/ 16:00(開場15:30)

※ゲームの都合上、少しでも遅れられますと、ゲームに参加していただけない場合がございます。

 

■場所

浄土真宗本願寺派 明覺寺(めいかくじ)

京都府京都市下京区新町通正面下る平屋町783 京都駅から徒歩5分

 

■お申し込み・詳細

11月21日(土)https://tiget.net/events/2075

※Toy×ボーズとは?

謎解き脱出ゲームなど「遊び」という感覚を通してお寺や仏教を身近に感じてもらい、気軽にお寺に集うきっかけを提案するプロジェクトです。

 

■お問い合わせ先:Toy×ボーズ(トイカケボーズ)

E-mail: toy.boze@gmail.com

facebook「Toy×ボーズ」で検索!!

 

2015.11/16 更新

 

 

 

掲載日: 2015.11.16