被災地の声「いろいろあったなぁ」

(70代男性)

「地震の訓練は頻繁にしてたから、地震の対応は迅速にできたんだよ」

震災当時のことを振り返りながら、どこか誇らしげに、その時のことを教えてくださった。

「でも、まさか津波がくるとはなぁ」

ぽつりと零れたその言葉から、話は津波の話になった。

津波から逃れて体育館に避難したこと。

避難先から、3人の女性が瓦礫に引っかかっていたのを見て、

どうすることもできず、抱き合って暖を取るよう大声で指示したこと。

その上空で、マスコミのヘリコプターが救助するでもなく、

ただ旋回しているのを見て怒りを覚えたこと。

ひるがえって、瓦礫に引っかかっている女性を助けに行けない、自分自身にも憤りを感じたこと。 

「いろいろあったなぁ」

2年という月日の間、考え続け、何とか咀嚼しようとされてきた葛藤が、

遠くを見つめるその方の目元から感じられた。 

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––

 

掲載日: 2013.10.03