被災地の声「草ぬきするのが供養なんだわ」

(80代女性) 

仮設の近所で中年男性がダンプにひかれて亡くなった。

その現場がたまたま散歩のルート上にあるという女性は、

その前を通ると「あの世に引っ張られる」と仰った。

そして、彼女はこの交通事故をきっかけに、時間に余裕がある時には、

跡形のなくなった地元の閖上で、草ぬきをするようになった。

たくさんの人が亡くなった閖上でも、やはり「あの世に引っ張られる」のだと思う。

そんな中、様々な想いを抱きつつ、丁寧に草ぬきをする彼女の姿を想像させられた。

(安部智海)

 

——————————————–—–—–—–––

詳しい活動を描いた書籍はこちら

——————————————–—–—–—–––

 

掲載日: 2013.12.05