出張グチコレ@南青少年活動センター(10月10日)その1

レポーター:ふしょう

≪本日のグチコレクション≫

――17時00分開始――

◆10代女性1名

「親との距離がつかめない」

→親に対して従順でいたことに、最近疑問を感じ始めているそうです。

「親自身が出来てない事を、自分には「~しろ」と言ってくる」

→自分の行動と他人へ言う事とが違ってしまうことは、多々あるように感じます。

「兄弟が怒られた時、自分に飛び火してくる」

「ふとしたきっかけで話をするタイミングになった時、何を話したら良いのか分からない」

→話が広がるような話題を提供するのは難しいですよね。

「自分とある男子に対して、周囲が「付き合え」とはやし立てる」

→そんなに軽いノリで皆は良いのか?と感じているそうです。

「先生が口で説明する部分はどこを拾ったら良いのか分からない」

→板書はせずに、ぽろっと大事なことを言う時がありますよね。

「勉強だいっきらい」

→受験生の方でした。特にこの時期はそう感じてしまうかもしれません…。

◆10代男性1名

「バス内で前席のおばちゃんが思いっきりリクライニングしてきた」

→かなり窮屈な思いをしたけれど、おばちゃんには言えなかったそうです。

◆10代女性1名
「学校の先生が制服のスカート丈に厳しい」
→短いと没収されて、丈の長いスカートを渡されるそうです。

10代男性1名

「親切にしていたのに怒られた」

→親切をしたのに怒られるという不条理…意外とよくありますよね。

「何回も説明しなければわからない友達がいる」

→何回も説明してあげて下さい。

「友達の鈍感さに腹が立つ」

「お金を貸した人から一年経っても返ってこない」

→最近返済してもらえたそう

「言葉を勘違いする友達がいる」

「風邪を引いていてしんどい」

「ナルシストな友達がいる」

「会話が長い」

「学校に腕時計をもっていけない」

→高価なものをもってきてはいけないからでしょうかね。

10代男性1名

「姉と携帯が共有で嫌だ」

→ほとんど姉が携帯をつかっているらしいです。

「人間関係が難しい」

→これが原因でクラブを辞めたらしいです。

「クラスが面白くない」

――19時30分終了――

 

≪グチコレクター日誌≫

【ふしょう】

今日は、南青少年活動センターの雰囲気がとても落ち着くので良く来るとおっしゃった方がいました。他にもたくさんの方とお話ししましたが、皆さんリラックスした様子で、センターが安心できる居場所になっているのだなと感じられました。このような雰囲気を大事にしながら、活動を行うよう心がけていきたいです。

【フジコ】

今日は中学生のお勉強のお手伝いもさせていただきました。「少し整理をすること」が、大きなヒントに繋がります。…何だか、日々の生活にも言えそうです…。